2024年03月14日更新
ヘアスタイル 韓国

NOボサボサ!ドラコスでできる梅雨のヘアセットのコツ5選!!韓国アイドルが実践する方法も紹介

湿気、大嫌い!雨の日のヘアセットって難しすぎ!今回紹介するコツを使えば梅雨でも、思い通りの髪型に挑戦できちゃいますよ。湿気に負けないコツを使って、今年こそ楽しくヘアメイクを楽しみましょう~!

4032
0
湿気はヘアメイクの大敵です。

ですが、マスクが外せない今、ヘアメイクは顔の半分を占めるといっても過言ではありません。
そこで今回は、湿気に負けないヘアメイクのコツを紹介します。

明日から試せる方法をたくさん紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

①髪、暴発問題

マトメージュを使う

マトメージュ 130g
価格|389円(税込み)
出典:www.amazon.co.jp
マトメージュは前髪のカールをキープでき、枝毛や髪をおさえるのに使える便利アイテムです。

前髪を薄くするために、マトメージュで前髪のサイドを横の髪におさえるといった使い方をする人もいます。
固定力がとにかく強く、髪をおさえつけるのにも使えてしまうのですね。

前髪、うなじ付近、アホ毛など湿気対策にピッタリでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毛先だけ重ためのオイルをつける

黒ばら 純椿油 47mL
価格|623円(税込)
アンドハニー ディープモイスト ヘアオイル3.0『超しっとり オーガニック 処方の集中保湿』100mL
価格|1,540円(税込)
出典:www.amazon.co.jp
枝毛対策で、全ての髪に重ためのオイルをつけると、やりすぎ感がしますよね。

毛先だけ、重ためのオイルを付けたりオイルを多めにしたりすると、髪が乱れにくいですよ。
オイルで髪がはねにくく、遊びにくくなるので、整える手間も減ります。

ただ適当につけるのでなく、ぎゅっぎゅっとしっかり揉みこむと効果的です。

②髪ぺたんこ問題

出典:www.youtube.com
コームを使って逆毛を立て、ボリュームをキープしましょう。
カールはとれやすいですが、逆毛は逆毛となった髪自体がボリュームを保ってくれるので、崩れにくいです。

韓国アイドルも使っている方法で、前髪やトップのボリュームに使えば崩れ知らずになれますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.youtube.com
方法は簡単で、

1, 髪をとり、内側の髪の根本にスプレーをかける
2, 髪が生える方向とは逆に、毛流れに逆らって逆毛を立てる
3, 髪を整える

です。逆毛を立てるときは、髪が切れないよう手の力を抜いて行ってください。
コツさえ掴めば簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。
  

③スタイリングが崩れる問題

カールキープにはハードスプレー

ケープ スーパーハード 無香料
価格|418円(税込)
出典:www.amazon.co.jp
カールキープにはハードスプレーを使うのがおすすめです。
ケープがおすすめですが、特にスーパーハードは湿気に強く、カールの維持力が抜群に高いです。

折角カールを作ったのに、ストレートになってしまったという問題も解決するでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  

崩れ問題には手櫛が通せるスプレーを

ケープ 手ぐしが通せる まとまりスタイル用 無香料 42g
価格|324円(税込)
出典:www.amazon.co.jp
髪の乱れが気になり、何度も直すうちにスプレーがとれてしまった。
ヘアスプレーは手櫛を通すと白くなるから、髪を直せない。

手櫛が通せるスプレーやマイルドなヘアスプレーを使うのがおすすめです。

韓国アイドルはスタイリングに、ハードタイプとマイルドタイプを使い分けている人が多いです。
激しい振り付けが多いので、顔まわりはハードタイプよりマイルドタイプを使って、手直しをしやすくしています。
出典:ladytopi.jp
前髪やトップの根本に逆毛を立てて、前髪や頭まわりにはマイルドなスプレーを。
カールをしっかりキープしたいサイドの髪には、ハードスプレーをかけるのがベストです。

前髪は崩れやすいので、後から直せるタイプを使うのがいいんですね。

④ストレートヘアがキマらない問題

出典:www.pinterest.jp
癖っ毛さんの場合、ストレートヘアがうねってしまうという問題があります。

ストレートアイロンをかけるのはもちろんですが、大事なのはスタイリング前にドライヤーをかけること。
温風で髪をストレートに整え、ドライヤーに平たいアタッチメントを付け冷風をかけます。

冷風をかけることで髪がストレートに固定されますし、湿気対策にもなるのでおすすめです。

⑤どうしても解決しないときは

スポンサーリンク

スポンサーリンク

どうしても直せない、湿気対策は手間がかかって面倒くさいときは、次に紹介する方法を使ってみてください。

髪が広がるとき

出典:ladytopi.jp
ポニーテールなどのアップスタイル、ヘアクリップなどでまとめ髪にしましょう。
湿気でトップのボリュームがなくなっても、まとめ髪なら問題ありません。

多少、髪が乱れてもクシで整えるだけなので楽ちんです。
枝毛で顔まわりがうるさくならないよう、マトメージュなどや固定スプレーを使うと、夕方までおしゃれに保てます。

前髪のスタイリングがとれるとき

出典:paoz-kawaii.hatenablog.com
マスクで顔が隠れるので、前髪は顔の全てといってもいいぐらいです。
だからこそ、スタイリングが崩れると寂しい見た目になってしまうでしょう。

そこで、思い切ってオン眉にチャレンジして、崩れ対策をするのはいかがでしょうか。
オン眉は髪の長さが短いので、カールが乱れても見た目に響きにくく、ぺたんこになっても可愛いままです。
ですが、湿気のために髪を切るのはすごく抵抗感がありますよね。
イメチェンとまではいかなくても解決したい方は、次に紹介する方法を試してみてください。
  

バケットハットを被る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:bebe.jpn.com
ファッションアイテムを使って、おしゃれに湿気対策をしましょう。
バケットハットやキャスケットなら、トップのボリュームがなくなっても手軽にカバーできてしまいます。

大きめのカチューシャを使ってみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者