【2019春夏】春メイクにお悩みの方、必見! 資生堂の「ネオ・フェミニン」スタイルが大人可愛い♡

暖かくなるにつれて、気になるのが「春メイク」。「どんなメイクやヘアスタイルにしよう?」とお悩みの方は、資生堂の提案する「ネオ・フェミニン」スタイルをお試しになるのはいかがでしょうか。「ベースメイク」や「アイメイク」「リップメイク」「ヘアスタイル」について、ご紹介します!

987
0

春のメイク、どうしよう?

 暖かくなるにつれて、気になるのが「春のトレンドメイク」ですよね。

 秋冬は重ためのカラーやテクスチャをチョイスしていた方も、
「そろそろ明るめにしたほうが良いかな?」なんて、気になってくる頃ではないでしょうか。

「資生堂」が「2019年春夏」のトレンドメイク&ヘアを発表

 そうした中「資生堂」から
「2019年春夏」の「トレンドメイク」と「ヘアスタイル」が発表されました!

 メイクやヘアの現在と未来を探る「ビューティートレンド研究」を
 1987年から行っている、資生堂ならではの説得力ある提案の数々。

 春のメイクにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

まずは今シーズンを振り返る。「2018年秋冬」の傾向

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今季のキーワードは「盛り/色気/甘辛/アンニュイ」

 資生堂アーティストが分析する、
 今季(2018年秋冬)の雑誌やSNSで よく見受けられたキーワードは
「盛り」「色気」「甘辛」「アンニュイ」の4つでした。

注目キーワードは「盛り」

出典:unsplash.com
 ※画像はイメージです
特に目立ったキーワードは「盛り」で、
これまでは「目元か口元のどちらか」を強調し、もう一方は控えめにすることがほとんどでしたが
今季は「目元と口元の両方」を強調する「W盛り」メイクが新たに見られたそうです。

人気カラーは「くすみ」や「渋さ」のあるもの

出典:unsplash.com
 ※画像はイメージです
 また、カラーとしては「柿色・渋柿色」や「赤茶色」を代表とする
「くすみ」や「渋さ」を感じるものが人気で、
 そこに「ラメ」や「パール」などをプラスした
「軽やかな色気」のあるメイクを施す傾向にあったようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

街頭トレンドには、新たな変化が

街頭のトレンドメイク

出典:unsplash.com
 ※画像はイメージです
 また、東京で行われた街頭調査によると、全体として
「化粧感」のアップしたメイクが多く見られたようです。


 そうしたメイクをポイントごとに見ていくと、
 アイメイクでは「すっきりとした眉」や「オレンジ系の目元」に
「繊細なアイライン」が施されていたり、

 リップメイクでは「輪郭を しっかり取った口元」が見られるなど、
 より洗練された「新しいフェミニンな顔」が人気となっているそうです。

街頭のトレンドヘア

出典:unsplash.com
 ※画像はイメージです
 そしてヘアスタイルでは、16年ぶりに「セミロング」が1位となりました。
 なかでも、今っぽい「外ハネ」ができる「鎖骨くらいの長さ」が人気のようです。

 また、ヘアアレンジとしては
「髪を耳にかけて」顔まわりを「すっきりとクリーン」に見せる傾向にあるそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

資生堂の提案する「2019年春夏」のスタイルが こちら

 こうした調査をはじめとする、総合的な分析によって
 資生堂が予測・提案する、日本でトレンドとなりそうな
「2019年春夏」のスタイルが こちらになります。

 キーワードは「ネオ・フェミニン」です。

ベースメイク - 肌

 ベースメイクでは「隙のない肌づくり」がポイントのようです。

 まず、肌全体のトーンを上げるために「パープル系の下地」を使い
「やや明るめのファンデーション」を、ムラなく塗りましょう。

 そして、気になる部分は「コンシーラー」で きちんとカバーされているような、
 全体として「少しマットな質感」のあるベースメイクが提案されています。

ベースメイク - チーク

 チークは、馴染みやすい「ブラウン」や「オレンジ」系のカラーで
「軽め」に仕上げるのが推奨されています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者