2019年03月27日更新
出費 節約 お金持ち

出費を減らす方法とは?少しでもお金を貯めるには、やっぱり節約!節約方法をご紹介!

お金持ちって沢山お金を持っていても節約してるんです。ケチだからお金持ちになれる?かも知れませんね!無駄な支出をしないこと!これが一番のようです。実践してお金を貯めましょう!

152
0

お金持ちのように質素な生活を送ってみましょう

出典:oshiete.goo.ne.jp/watch/entry...
金持ちは徹底して支出を抑える事を心がけているため、とても質素な生活を送っている事が多いです。実際の収入よりも遥かに低い生活水準を保っています。

一度生活水準を上げてしまうと、元に戻るのは難しいと言います。この先どんなに稼げるようになろうが、質素な生活に徹するというのが資産を守る上で必須の心構えです。
引用元:www.weddingpark.net(引用元へはこちらから)

お金はじょうずに使いましょう!

出典:www.wallpaperlink.com/bin/0609/02634.html
一日は24時間と決まっていますが、仕事もプライベートも充実している人もいれば「忙しくて時間がない!」と嘆いている人もいますよね。時間を上手く使える人は「時間がないからできない」という考え方ではなく「どうやったらできるか」という発想なんです。

どんな時間配分でやるべき事、やりたい事を行うかタイムスケジュールを立てます。いつかやろうと思っているだけでは忘れてしまうので、あらかじめスケジュール調でもメモに箇条書きでも構わないので書き出している方が多いですね。

お金を上手く使うのも同じで「お金がないからできない」ではなく「どうしたらできるのか」と考えてみましょう。何のために、いつまでに、いくら必要かを計画して取り掛かると良いですよ。小さな支出を見直して大切な事を実現すれば、満足度を高める使い方ができます。
引用元:goodluckjapan.com(引用元へはこちらから)

節約するには、衝動買いをやめましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.excite.co.jp/News/woman_clm/20160307/Angie_122121.html
お金は自分にとって大切なモノです。しかし突如目の前に現れた魅力的な商品は自分にとって本当に大切なモノなのか、それともただの欲望だけなのかわからなくなる事もあるでしょう。

そんな時は衝動買いをするのをやめて、一週間後に改めて考えてみましょう。時間が経つと案外忘れてしまう事も多いですが、それでも諦めきれない場合は、何故欲しいのか理由を考えてみましょう。そこで自分が納得できる理由があればきっと買っても後悔はしないと思います。

時にはそこまで考えて買いに行ったら、売り切れていたなんて事もあるかもしれませんが、それはそれで縁がなかったと思ってください。必要なモノであればまためぐり合えるので、その時は迷わず買いましょう。
引用元:goodluckjapan.com(引用元へはこちらから)

冷凍と缶詰の食材で自炊!

生活費を切り詰めたいなら、生鮮食品は諦めてください。とはいえ、毎日、冷凍食品をチンして食べろとは言いません。もっとも冷凍食品は意外と高価です。そうではなく、冷凍と缶詰の食材で自炊するのです。冷凍や缶詰の食材は安価で長持ちします。また、安くまとめ買いもできます。

生鮮食品を使わないと聞くと、あまりいい気持ちはしないかもしれません。しかし、食品店に並んでいる食材だってそれほど新鮮とは限りません。産地直送でもない限り、冷凍や缶詰のほうが新鮮だったりします。おまけに冷凍や缶詰のほうが安く買えます。
引用元:jocee.jp(引用元へはこちらから)

節約にために自販機を使わない!

出典:rararasan.hatenablog.com/entry/2016/10/12/125102
私は、自動販売機で缶ジュースやペットボトルなどを、できるだけ買わないように心がけています。 毎日買うとすれば、150円×30日=4500円の出費です。

自販機で150円のペットボトル飲料が、ディスカウントストアでは、100円で売られていたりします。 私は、自動販売機で缶ジュースやペットボトルなどを、できるだけ買わないように心がけており、自動販売機に、意識的に近寄らないようにしています。

最近は、至るところに設置されている自動販売機が目に入ると、「ヤバイ」と感じるほどです。 自動販売機も、コンビニと同様、つい衝動買いしてしまう魔物です。 例えば、自販機でペットボトルを毎日買うとすれば、月に150円×30日=4500円の出費です。 光熱費や水道代を浮かせて、月に4500円節約するのは、相当な努力が必要です。
引用元:jocee.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

何をお探しですか?

まとめ作者