ラジエーションハウス 第5話の概要やあらすじ 感想などなど

窪田正孝さん主演の月9ドラマラジエーションハウスの第5話が6日に放送になりましたね。かなり話題になっている医療系のドラマですが、その概要や評判をまとめてみました。

95
0

◆ラジエーションハウス第五話の概要とか

月9ドラマラジエーションハウスも第五話が放送になりました。回を重ねる毎に面白さが増していっている感じがしますね。

今回はCTやMRIを使って遺体の死因を究明する、通称『Ai』と呼ばれる死亡時画像診断がテーマ。公園で倒れて死亡した少年・直樹(南出凌嘉)の死因解明のため放射線科の面々が奮闘する姿が描かれた。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
『Ai』は、遺族からの反対で実現しないケースが多いという。今回も、再婚した直樹の父母、勝彦(三浦誠己)と歩美(森脇英理子)が、『Ai』の実施を拒んでいたことから、父母と直樹、そして弟の雄太(斎藤汰鷹)らがどんな日常を暮らしていたか、虐待等はなかったかを疑う放射線科のメンバーたち。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
しかし、歩美が「私たちが、あの子にしてあげられる最後のことなんじゃないかって」と『Ai』を許可したことで、直樹の死は何者かに暴行されたための肝臓破裂によるものと判明する。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

◆第五話の感想などなど。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

第五話の内容が一番なんて声もありますね。

◆もう涙が止まりません。。。

思わず泣いちゃうって人が多数。。。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者