2020年04月07日更新
本屋大賞 凪良ゆう 流浪の月

『流浪の月』 2020年本屋大賞を受賞!レビュー・感想・あらすじまとめ「興奮して眠れなかった」

2020年本屋大賞を受賞『流浪の月』の感想・レビュー・あらすじなどをまとめました。第41回(2020年)吉川英治文学新人賞候補作にもなっている『流浪の月』に注目です♪

250
0

『流浪の月』 2020年本屋大賞を受賞しました。

『流浪の月』あらすじ

内容紹介
2020年本屋大賞受賞
第41回(2020年)吉川英治文学新人賞候補作


せっかくの善意をわたしは捨てていく。
そんなものでは、わたしはかけらも救われない。
愛ではない。けれどそばにいたい。
新しい人間関係への旅立ちを描き、
実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい――。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人間を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)

『流浪の月』 感想まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者