2023年01月19日更新
高城れに アイドル 推し婚

「高城れに」「手島優」「峯岸みなみ」アイドルとファンの「推し婚」が“ブーム”の深いワケ!「経済力」

かつては“御法度”だったアイドルやグラドルの「ファンとの結婚」、いわゆる“推し婚”が相次いでいる。その背景にあるのが、2000年代以降のアイドル業界を取り巻く環境の変化という。果たして「アイドルとファン」の関係はどのように変質したのか。

23
0
 11月6日、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の高城れに(29)が日本ハムファイターズ・宇佐見真吾捕手(29)と結婚することを発表した。交際は約2年前に始まり、もともと宇佐見は“筋金入りのモノノフ(ももクロファンの呼称)”として知られ、当初は同グループリーダーの百田夏菜子(28)を推していたが、交際を機に高城に“推し変”。

 その5日前にはグラドルの手島優(40)が一般男性との結婚を発表し、相手は「10年来の自身のファン」だと明かしている。8月に元AKBの峯岸みなみ(29)と結婚したYouTubeグループ「東海オンエア」のてつやも「高校時代から峯岸のファンだった」と公言していた。

 スポーツ紙デスクの話。

「かつてはアイドルがファンと交際や結婚することは“業界の御法度”とされました。“高嶺の花”であるべきアイドルがファンと付き合うなど、みずからタレントとしての価値を貶め、その他大勢のファンからも猛反発を食らうと信じられてきたのです。そのため芸能事務所側も所属タレントの交際に目を光らせてきましたが、最近は事務所側もタレントのプライベートに関知しない傾向が強まり、恋愛に口出しするケースも少なくなっています」
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者