2020年04月09日更新
なつぞら 連続テレビ小説 NHK

NHK「連続テレビ小説」第100作目『なつぞら』のドラマまとめ!ヒロインは広瀬すずさん♪

NHK「連続テレビ小説」第100作目の作品となる『なつぞら』は、2019年4月1日(月)〜9月28日(土)で全156回の予定です。ヒロインには広瀬すずさん。主題歌はスピッツ「優しいあの子」。語りはウッチャンナンチャンの内村光良さんです。これだけでも期待しちゃいますよね!ドラマの概要をご紹介!

107
0

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK「連続テレビ小説」第100作目の作品・『なつぞら』は、2019年4月1日(月)〜9月28日(土)で全156回の予定。ヒロインには広瀬すずさん。主題歌はスピッツ「優しいあの子」。語りはウッチャンナンチャンの内村光良さんです。

■ドラマのストーリー

「なつぞら」の原作は、脚本家・大森寿美男さんのオリジナル作品。

主なあらすじ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ときは太平洋戦争が終わった翌年、1946(昭和21)年の初夏。戦災孤児の奥原なつ(9)は父の戦友の柴田剛男(しばた・たけお)に連れられ、北海道・十勝にやって来ます。

柴田家は、北陸からの開拓移民で酪農一家。剛男の父・泰樹(たいじゅ)はなつを厄介者と言いながらも、ふびんに思っています。なつは家業を懸命に手伝い、泰樹の心を動かします。なつも子どもらしさを取り戻していきました。

やがて、なつは少年・山田天陽と出会います。天陽から当時、アメリカではやっていた漫画映画の魅力を教えられ感銘を受けます。のちのアニメーションの世界です。

高校生になった、なつは絵を描く夢を持ちます。そんな折、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされ…。
引用元:dorama9.com(引用元へはこちらから)

「なつぞら」ヒロインの広瀬すずさん

昭和12(1937)年生まれ。両親を戦争で亡くし、兄妹と別れ、父の戦友・柴田剛男(たけお)に引き取られ、十勝に移り住む。剛男の義父・泰樹(たいじゅ)のもとで、牧場を手伝ううちに、持ち前の明るさを取り戻す。高校卒業後は上京し、草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込む。アニメーターとして、大自然の中で育まれたみずみずしい感性を発揮していく。
引用元:ドラマ・映画・テレビ.com(引用元へはこちらから)
広瀬 すず(ひろせ すず、1998年6月19日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。静岡県静岡市清水区出身。フォスタープラス所属。実姉は女優の広瀬アリス。
姉・アリスが専属モデルをつとめていた雑誌『Seventeen』のイベントに母と来場した際、現事務所の社長から声をかけられたことが芸能界に入ったきっかけ。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

■主な登場人物

広大な北海道十勝で繰り広げられるストーリーと、東京のアニメ編など多くの方々が出演されています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

奥原家

・奥原なつ・・・広瀬すず
 子役・・・粟野咲莉
・奥原咲太郎・・・岡田将生
 子役・・・ 渡邉 蒼
・奥原千遥・・・子役・田中乃愛

・佐々岡信哉・・・工藤亜須加(なつの幼なじみ)
 子役・三谷麟太郎

柴田家(柴田牧場)

・柴田泰樹・・・草刈正雄
・柴田富士子・・・松嶋菜々子(泰樹の娘)
・柴田剛男・・・藤木直人(富士子の夫で柴田家の婿養子)
・長男 照男・・・清原 翔
 子役・岡島遼太郎
・長女 夕見子・・・福地桃子
 子役・荒川梨杏
・次女 明美・・・平尾菜々花
 子役・吉田萌妃

小畑家(菓子屋雪月)

・小畑とよ・・・高畑淳子
・小畑雪之助・・・安田 顕
・小畑妙子・・・仙道敦子
・長男 雪次郎・・・山田裕貴
 子役・吉成翔太郎

そのほかのキャスト・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

たった一人の兄/奥原咲太郎・・・岡田将生

ヒロインの育てのお父さん役/柴田剛男・・・藤木直人

柴田泰樹の娘で剛男の妻/柴田富士子・・・松嶋菜々子

なつの憧れの青年画家/山田天陽・・・吉沢亮

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者