【2020・最新版】フランス政府の認める美味しさ ♡『ミシェル・クルイゼル』のバレンタインギフト6選

フランス政府公認の名門チョコブランド「ミシェル・クルイゼル」がバレンタイン2020限定で日本に上陸。コフレ・マカロラ、コフレ・パレ・ショコラ・ノアールなど人気商品の数々をピックアップし、紹介します。

869
0

MICHEL CLUIZEL(ミシェル クルイゼル)とは

MICHEL CLUIZEL(ミシェル クルイゼル)は、1948年にフランス・ノルマンディーで創業したショコラティエです。
出典:h-yamamoto.co.jp
MICHEL CLUIZEL(ミシェル クルイゼル)
「クオリティ」と「味」、そして「体にやさしい」ことを理念にチョコレート作りに向き合ってきた、正真正銘「メイド・イン・フランス」のブランド。
引用元:h-yamamoto.co.jp(引用元へはこちらから)
出典:fr.wikipedia.org
MICHEL CLUIZEL(ミシェル クルイゼル)
「生産者の顔が見えるチョコレート作り」を心がけ、カカオ豆からチョコレートへの加工、さらにプラリネやキャラメル、リキュール等のフィリングに至る全ての工程を一貫して自社で行う、ショコラティエ&カカオエキスパートです。
引用元:h-yamamoto.co.jp(引用元へはこちらから)
2012年・2017年には「EPVレベル」(無形文化財企業ラベル)認定を受け、フランス政府のお墨付きを得ています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:h-yamamoto.co.jp
EPV (Entreprise du Patrimoine Vivant label)

EPVレベルとは

フランス政府が発行する唯一の認定書が「EPVレベル」(無形文化財企業ラベル)です。

この認証ラベルは前提条件の資格があり、フランス政府が「傑出した技術を認める企業」に贈るものです。消費者が一目見れば、品質の価値を判断できる証にもなります。
引用元:h-yamamoto.co.jp(引用元へはこちらから)
そんなMICHEL CLUIZEL(ミシェル クルイゼル)のバレンタイン2020の人気・おすすめ商品を紹介します。

【1】<ミシェル クルイゼル> コフレ・マカロラ

コフレ・マカロラは、マカロンのような見た目のショコラ。ころんとしたデザインが可愛らしく、女性の心をくすぐります。
出典:www2.takashimaya.co.jp
コフレ・マカロラ
税込2,160円
見た目はころんとしたかわいさで味は本格的なガナッシュチョコレート。
引用元:h-yamamoto.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ミルク・ダーク・ホワイトにカフェ・キャラメル・プラリネ・ロスアンコネス(ドミニカ共和国)産単一農園カカオを使用したガナッシュの4種類のチョコレート。
引用元:h-yamamoto.co.jp(引用元へはこちらから)

【2】<ミシェル クルイゼル> コフレ・ショコラ・パリ

2020年のバレンタインもドライフルーツを使用したチョコが人気。ミシェルクレイゼルでももちろん、以下の商品を扱います。
出典:h-yamamoto.co.jp
コフレ・ショコラ・パリ
¥1,500(税抜)
良質なダーク、ミルク、ホワイトチョコレートベースのタブレットに、ドライフルーツやナッツを贅沢に散りばめました。
引用元:h-yamamoto.co.jp(引用元へはこちらから)
出典:res.cloudinary.com
見た目よし、味よし!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シンプルでフランスらしいパッケージや華やかな見た目は、女性受けすること間違いなし。
引用元:h-yamamoto.co.jp(引用元へはこちらから)
出典:res.cloudinary.com
パッケージもおしゃれ!

【3】<ミシェル クルイゼル> コフレ・ショコラ・クール・ポップ

出典:www2.takashimaya.co.jp
MICHEL CLUIZEL(ミシェル クルイゼル)

コフレ・ショコラ・クール・ポップ

税込4,320円
コフレ・ショコラ・クール・ポップは、ミシェル クルイゼルの「マストハブ」を揃えた特別なギフトボックス。以下のようなショコラが箱の中に詰まっています。
ミルクとダークチョコレート、ガナッシュにプラリネ、フルーツフレーバー、さらにブラジル リアチュエロ産単一農園カカオを使ったボンボン、2019年に登場したクルイゼルの代表作「カカオフォルト」99%カカオガナッシュのボンボン
引用元:isetan.mistore.jp(引用元へはこちらから)
ハートのショコラは、バレンタインの限定品です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者