2020年11月22日更新
復縁 別れ 恋愛

復縁前にチェックしておきたい5つのポイント

元カレから復縁を求められた・・。嫌な別れ方でなければ悩んでしまいますよね。「よりを戻したい」と言われたときにチェックしておきたい5つの項目を紹介します。

46
0
メンタリスト兼恋愛心理カウンセラーの谷内辰徳(やないたつのり)です。芸能人、経営者、占い師、スポーツ選手など1万件以上の相談実績あり。 一般論ではなく「心を読む力」を駆使したアドバイスでお悩み解決のサポートしています。

1.別れた原因を確認する

まずはその原因を振り返りましょう。それは、時間と共にふたりの間に溝ができてしまったから?それとも突発的な決断?片方の浮気?数ヶ月間付き合ってからの自然消滅?
引用元:tabi-labo.com(引用元へはこちらから)
その理由こそが、戻るべきかどうかを教えてくれるヒントとなります。浮気や自然消滅など、相手への思いやりが欠ける行動が要因だった場合、復縁してもうまくいくとは言えないかも。
引用元:tabi-labo.com(引用元へはこちらから)

2.離れたことでお互い成長できたのか

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ケンカ別れなどその場の勢いで関係を終わらせてしまった場合、お互いに頭を冷やす期間が必要です。どうして衝突してしまうのか、お互いの何がいけないのか、冷却期間にきちんと向き合えていないと、復縁してもまた同じような別れを繰り返すことがほとんどです。
引用元:ure.pia.co.jp(引用元へはこちらから)
自分の短所を知り、改善しながら相手と歩み寄る余地を探っていくことが、復縁後もいい関係を持つうえで欠かせません。また、元彼も同じような成長がなければ、愛情を育てることは難しくなります。元彼が「やっぱりやり直したい」と言い出しても、お互いに変化があるかどうかをまずは見極めましょう。
引用元:ure.pia.co.jp(引用元へはこちらから)

3.「繋ぎ感覚」ではよりを戻さない

元カレと復縁するときには、復縁したい理由をお互いに確認すべきです。あなたと元カレが「どうしてもお互いのことを忘れられない」という前向きな理由で復縁するのであればいいのですが、ただ単に「やっぱり1人は寂しい」「なかなか別の人が見つからなかった」など「繋ぎ感覚」で復縁を選ぶ場合は危険です。
引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)
復縁はお手軽なものではありません。むしろ、復縁を長続きさせるのはとても難しいことだと思ってください。
引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)

4.新しい愛情で付き合えるか考える

スポンサーリンク

スポンサーリンク

復縁の勘違いでよくあるのが、「以前と同じような関係に戻る」のを目標にすること。過去の“いい状態”を思い出してそこに戻るのが復縁と思うかもしれませんが、その過去の結果が別れだったはずです。復縁の本当の成功は、「以前より幸せなお付き合いができること」といえます。
引用元:ure.pia.co.jp(引用元へはこちらから)
元彼を「また好きになる」のではなく、「新しい愛情を持つ」のが正解です。もちろん以前と変わらない元彼の魅力を受け入れるのはOKですが、改めて好きになれるところ、新しい長所などをポジティブに見つける姿勢が大切。そして、そのためにはまず自分が以前とは違う視点を持たなければいけません。
引用元:ure.pia.co.jp(引用元へはこちらから)

5.相手に期待しすぎるのはダメ

出典:femmedinfluence.fr/vivre-harmonie-couple
別れたときはサイテーだと思ってたけど、きっとヨリを戻そうって言えば変わってくれる…そんな風に思い込もうとしていませんか?残念ながら、これは恋愛ドラマではありません。おそらくパートナーは、別れたときとほぼ変わっていないでしょう。
引用元:tabi-labo.com(引用元へはこちらから)
たしかに別れて寂しい気持ちを感じていたら、ヨリを戻したら前よりも歩み寄るよう努力はしてくれるかもしれません。とは言え、少し離れていたからといって性格がガラっと変わることは、何が何でも期待しすぎです。
引用元:tabi-labo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

復縁はただ単に「好き」という気持ちだけではうまくいきません。お互いが相当の覚悟を持っていなければ、決して長続きさせることができない、難しい恋愛です。復縁したほうが幸せになれるのか。それとも、きっぱり元カレとお別れをして新しい恋愛を探したほうが幸せになれるのか。冷静になって考えてみてくださいね。
引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者