2021年07月21日更新
男性心理 恋愛 恋愛テクニック

【完全版】男性が好きなメイク、服、ファッション5選♡本当に好きな女性って?

男性と女性では、考え方も価値観も全然違いますが、恋愛に対しても異なる見解を持っています。「モテたい」と思ったときに、何をどうするか……?『男性目線』で見た時に、女性目線のモテがどう映るのか、男性が本当に「いいな」と感じるモテ女性のタイプはどんなものなのか、詳しく見ていきましょう!

64
0
メンタリスト兼恋愛心理カウンセラーの谷内辰徳(やないたつのり)です。芸能人、経営者、占い師、スポーツ選手など1万件以上の相談実績あり。 一般論ではなく「心を読む力」を駆使したアドバイスでお悩み解決のサポートしています。

1.ナチュラルメイク

出典:kuropon-celebrity.com/takanashi-kawaii
男性が好きな女性のメイクは、ナチュラルメイクです。メイクによって女性の魅力をアップすることはできますが、やり過ぎはいけません。男性はきれいさは求めても、あからさまに「メイクしてます!」というのはちょっと違うと感じるようです。
引用元:laurier.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
好きな男性や彼氏の前では、つい心理的に気合が入りがち。しかし、その気合はメイクではなくスキンケアにそそいで、素肌美人を目指す方がおすすめです。遊び心のあるメイクは、彼氏や好きな男性と会うときではなく、友達同士で遊ぶときに楽しむのが良いでしょう。

引用元:laurier.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

2.男性目線から見てとにかく可愛らしい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

女性の魅力を大きく二つに分けると「かわいい」と「美しい」になりますが、男性は圧倒的に「かわいい」を支持します。やっぱり、守ってあげたくなる要素を持った女性に、男性は惹かれやすく、恋愛においては自分が優位に立ちたいと考えるものなのです。
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
そのため、バリバリのキャリアウーマンを思わせるようなタイプは、どんなに美人でも第一印象で恋愛対象からは外れてしまいます。顔立ちやスタイルは十人並みであれ、ふんわりした柔らかな雰囲気のある女性のほうが、恋愛においては断然有利で、彼女候補に選ばれる確率は高いでしょう。
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

3.清潔感がある

出典:www1.enekoshop.jp/shop/kitahara-shop/item_detail?category...
正直、男性の価値観なんてバラバラですから、絶対コレとは断定しづらいです。ただ間違いなく言えることは清潔感のある服装。汚れているのは論外だし、何か毛玉がついていたり、ほころびがあったりするのも僕はなえちゃいます。
引用元:woman.mynavi.jp(引用元へはこちらから)
そして、品がある服を選ぶことも大切。なぜなら品があるか否かは、男性が本命にしたいと思うかどうかの大事なポイントだったりしますから。
引用元:woman.mynavi.jp(引用元へはこちらから)

4.眉がしっかりある

スポンサーリンク

スポンサーリンク

パーツの部分でいうと、眉はしっかりある方がいいですね。もちろん、眉が薄い、もしくは無い人もいると思います。その場合は、メイクでしっかり書き足せばいいわけです。
引用元:woman.mynavi.jp(引用元へはこちらから)
メイクしているのに眉が無いように見えたり、眉のバランスが変だったりするのは、男から見るとマイナスだと思います。
引用元:woman.mynavi.jp(引用元へはこちらから)

5.白いワンピース

男性ウケが良いファッションの定番を「白いワンピース」と言うのですが、それは間違っていないでしょう。白は清楚・純粋・清潔をイメージさせますし、パンツルックよりスカートのほうが、当然ながら女性らしさをアピールできます。
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
完全男子目線では、女性らしさが彼女に選ばれる最大のポイントなのです。そして、女性らしさとは、今どきの感覚や流行の最先端ではなく、露出多めのセクシーでもなく、古風なやまとなでしこ的魅力を指します。時代に左右されない定番ファッションがベストでしょう。
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

「男が好きな女」とは、突き詰めれば男性が守りたくなる女性、そしてずっと一緒にいたいなと思わせる女性のこと。そんな女性に共通して間違いなくいえることは、容姿だけじゃないということです。今回の記事では、なるべく取り入れやすいものをピックアップしました。今日からでも実践してみるといいと思います。
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者