2020年11月15日更新
恋愛 恋愛心理 運命

「あ、この人だ!!」男性が女性に運命を感じる瞬間5つ

好きな人ができた時、「この人が運命の相手かも!?」と感じたことがある方は多いでしょう。この運命論を信じているのは、なにも女性だけではありません。実は、男性にも「この人が運命かも?」と思う瞬間があるようなんです。今回はそんな運命的だと思う瞬間を5つまとめました。

540
0
メンタリスト兼恋愛心理カウンセラーの谷内辰徳(やないたつのり)です。芸能人、経営者、占い師、スポーツ選手など1万件以上の相談実績あり。 一般論ではなく「心を読む力」を駆使したアドバイスでお悩み解決のサポートしています。

1.偶然が何度も続いたとき

何度も偶然の一致が続くと、男性はその女性に対して「運命」を感じるようです。たとえば、偶然好きなものが同じだったとき「一緒だ!」と話が盛り上がりますよね。これは、女性だけでなく男性も同じです。
引用元:www.verygood.la(引用元へはこちらから)
たまたま好きな人と同じものが好きだったときは、アピールしていくようにしましょう。もしかすると、他にも偶然の一致が見つかるかもしれません。偶然の一致が続けば、もしかしたらそれが男が運命を感じる瞬間になるかもしれません。
引用元:www.verygood.la(引用元へはこちらから)

2.価値観が合うと感じたとき

スポンサーリンク

スポンサーリンク

離婚理由の代表とも言える「価値観の相性」。長年連れ添った夫婦でも「価値観が合わない」と熟年離婚をするくらいですから、価値観が本当に合う相手というのは滅多にいないのかもしれません。
引用元:kokuhaku.love(引用元へはこちらから)
だからこそ、趣味嗜好はもちろん、世の中の出来事に対しての考え方が近かったり、理想の家庭に関してのイメージが近かったりなど、価値観が合うと感じる女性に対して「どんなことがあっても一緒にいられそう」だと判断する男性は多いようです。
引用元:kokuhaku.love(引用元へはこちらから)

3.以心伝心を感じたとき

なんとなく、相手の考えていることがわかる、相手が次に言いたいことが何か察することができるなど、言葉がなくても気持ちが通じ合えると、男性は「運命」を感じる瞬間がくるようです。
引用元:www.verygood.la(引用元へはこちらから)
ですが、相手の言いたいことを先回りするのは危険もつきまといます。先回りして言われるのが嫌いな男性もいますし、言いたいことが合っていない可能性もあります。「こうだよね?」と決めつけられることが嫌いな男性は、以心伝心ではなく「自分の気持ちが決めつけられている」と感じるでしょう。
引用元:www.verygood.la(引用元へはこちらから)

4.外見がバッチリ好みのタイプだったとき

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「男性は視覚で恋をする」とよく言われますが、女性の外見がばっちり自分の好みのタイプだった時、「運命かも!」と感じる男性は多いようです。
引用元:kokuhaku.love(引用元へはこちらから)
これは「運命を感じる相手」というよりは、「運命を感じたい相手」なのかもしれませんが……、でも、“妄想の中で描いてきた理想の相手が、突然目の前に現れたら?”と想像すると分かる気がしますね。
引用元:kokuhaku.love(引用元へはこちらから)

5.女性との先の未来が想像できたとき

たとえば、一目会った瞬間に「この人と結婚するな」とビビッと来たという話を聞きませんか?これに似ているのが、彼女との将来が考えられるということです。実は付き合う前から「この女性とだったらこんな家庭を築いているだろうな」という想像が男性の中でできます。この場合、たとえ将来の話が一致しなくても、女性との運命を感じる瞬間となります。
引用元:www.verygood.la(引用元へはこちらから)
男が運命を感じる瞬間として、理想の妻像に近づけるためにも自分が得意なことや好きなことをアピールしていくのもいいかもしれませんね。子供や料理が好きだったり、家事が得意など。嘘はいけませんが本当のことだったらいいですよね。
引用元:www.verygood.la(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おわりに

 いかがでしょうか?ロマンチックな女性と比べると、論理的な思考回路を持つ男性は、「運命」にも理由づけをしていることが多いように思います。「この女性といると、自然体でいられるから将来を考えられる」とか、「この女性は子どもが好きだから、良い家庭を築けそう」とか、理由あっての運命だったりするのかもしれません。ぜひ、気になる男性との恋愛に、役立ててみてくださいね。
引用元:kokuhaku.love(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者