2020年12月29日更新
恋愛 ケンカ 恋愛テクニック

「ごめんなさい・・・」彼氏とケンカした時の対処法5選

彼氏と喧嘩したときにどうしていいかわからない・・・なんてことになっていないでしょうか。彼氏から謝罪言葉を待っていたりすると、もしかしたらいつまで経っても仲直りすることができずに、そのまま別れてしまうことにもなりかねません。そこで今回は彼氏と喧嘩した時の対処法についてご紹介していきます。

297
0
メンタリスト兼恋愛心理カウンセラーの谷内辰徳(やないたつのり)です。芸能人、経営者、占い師、スポーツ選手など1万件以上の相談実績あり。 一般論ではなく「心を読む力」を駆使したアドバイスでお悩み解決のサポートしています。

1.彼を「適度」に放っておく

喧嘩をして感情的になっていると、どうしても冷静な行動がとれなくなりがち。しかし、それは自分だけでなく彼氏も同じことなのです。そこで、あえてこちらからは何もせず、彼氏の気持ちが落ち着くのを待ってあげると良いでしょう。
引用元:classy-online.jp(引用元へはこちらから)
そうすることで、冷静さを取り戻した彼氏の方から謝ってくる可能性も高まります。また、もし彼氏から連絡が来ない場合は、良きタイミングで連絡をとって“仲直りのきっかけ”を作ってあげるのも、愛され彼女の特徴です。


引用元:classy-online.jp(引用元へはこちらから)

2.素直に謝る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

男性はプライドの高い生き物ですから、たとえ自分に負があったとしても自分からは謝りたくないと感じてしまいますので、たとえ彼の方が理不尽なことで怒ったとしても自分が大人になって素直に謝るのが良いのかもしれません。
引用元:the5seconds.com(引用元へはこちらから)
付き合いが長くなるにつれて相手がどのポイントで怒るかもわかってきますから、喧嘩をしないためにも相手を上手く利用できるようになれば、手のうちで転がすことも簡単になりますし喧嘩も減りうまく付き合っていけるのです。
引用元:the5seconds.com(引用元へはこちらから)

3.ケンカを翌日まで引きずらない

出典:windy2.blog98.fc2.com/blog-entry-361.html
「どんなに大きな喧嘩をしても、怒るのはその日のうちだけ。次の日にはいつものように接するよう心がけています。彼氏も私が普通に接しているのを見ると、いつまでも怒っているのが大人げなく思えるみたいで、いつも通りに接してきて喧嘩終了です」(28歳女性・金融関連)
引用元:classy-online.jp(引用元へはこちらから)
彼氏と喧嘩をした時に「自分から折れるのは嫌!」と、つい意地を張ってしまっていう人もいるかもしれません。しかし、そこで大人の対応ができるのが“愛され彼女”。喧嘩の怒りを翌日に持ち込まない“大人の対応”をする彼女に、あらためて惚れ直す男性は少なくないでしょう。
引用元:classy-online.jp(引用元へはこちらから)

4.ケンカしても挨拶は忘れないようにする

スポンサーリンク

スポンサーリンク

彼氏と喧嘩するとどうしても、コミュニケーションの数が大幅に減ってしまうものです。その状態を放置してしまうと、お互いの気持ちが自然と離れていってしまいます。
引用元:the5seconds.com(引用元へはこちらから)
彼氏とこのまま自然消滅してもいいかなと思っている人であればそれでもいいのですが、別れたくない!という気持ちがあるのであれば、わずかでもいいので、コミュニケーションをとるようにしましょう。
引用元:the5seconds.com(引用元へはこちらから)

5.あえて普段通りに接する

相手がすねていても、あえて普段通りに接する、というのもお勧め。いつの間にか二人とも普通になってしまう、という展開もあるのです。
引用元:woman.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
ケンカしたからといってぎくしゃくせず、いつも通りに接しつづければ、関係修復が図れるかもしれません。相手が機嫌を直すまで、あくまでマイペースを貫きましょう。
引用元:woman.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか? 愛され彼女の喧嘩への対処法は、お互いが感情的にならないよう冷静に話ができる環境を整えることが共通点のようです。彼氏との喧嘩を長引かせず、さらにより深く愛されるために、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみてくださいね。
引用元:classy-online.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者