2020年11月07日更新
恋愛 ラブレター 恋愛テクニック

好きな人に"ラブレター"を書きませんか?心に届く手紙を紹介

大好きな彼氏の誕生日や二人の記念日には、プレゼントと一緒に手紙を渡したいと思う女性が多いはず。でも、男性がもらったら嬉しい手紙ってよくわからないですよね。今すぐ使える書き方のコツや伝え方のポイントなどをご紹介します。

457
0
メンタリスト兼恋愛心理カウンセラーの谷内辰徳(やないたつのり)です。芸能人、経営者、占い師、スポーツ選手など1万件以上の相談実績あり。 一般論ではなく「心を読む力」を駆使したアドバイスでお悩み解決のサポートしています。

1.可愛らしい付箋に手書きで

彼氏へ送る手紙」の基本として、「可愛らしい付箋に手書きで書く」ということを忘れないでください。
引用元:men-joy.jp(引用元へはこちらから)
手紙を書くときは、女性らしいかわいい便せんがおすすめ。かわいいのが苦手なら、綺麗で上品な便せんを選びましょう。男性が普段手に取らないようなデザインだと、新鮮で良いでしょう。
引用元:www.mine-3m.com(引用元へはこちらから)

2.誕生日おめでとう!とストレートな内容

スポンサーリンク

スポンサーリンク

男性は女性よりも論理的に物事を考える癖があるため、会話でも手紙でもストレートな表現を好みます。長文でだらだらとどう思っているのかを書かれるよりは、一言「誕生日おめでとう!」「記念日おめでとう!」といった端的な言葉の方が彼氏に喜ばれるでしょう。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)
付き合いたてだとまだ思い出も少ないでしょうから、好きという気持ちを込めて書くよう意識することが大切です。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)

3.感謝の気持ちを丁寧に

「ありがとう」という言葉は、「大好き」と同じくらい彼氏を喜ばせてくれます。
引用元:bp-guide.jp(引用元へはこちらから)
「いつもありがとう」や「本当にありがとう」という、愛のこもった感謝の気持ちをメッセージにのせましょう。
引用元:bp-guide.jp(引用元へはこちらから)

4.未来を考えた言葉を添える

スポンサーリンク

スポンサーリンク

付き合いたてでまだお互いに少し遠慮があるような状況なら、手紙に今後への思いを示す言葉を書き添えるのもいいでしょう。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)
「誕生日おめでとう、これからもよろしくね」「一緒にお祝いする3回目の記念日、これからもずっと一緒にいたいな」など、二人で今後も一緒に過ごしたいという気持ちを素直に伝えるのです。彼氏は彼女の本音を知ることができて、嬉しいと同時に彼女への愛情も増すはず。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)

5.ネガティブな話題は避ける

「あのときはあなたも悪かったと思う」などとケンカを売るような書き方や「あなたが浮気したことは許してあげる」など、上から目線な内容もやめましょう。
引用元:www.mine-3m.com(引用元へはこちらから)
せっかくの手紙なのに内容がネガティブだと、読んだ方の気持ちは一気に冷めてしまいます。あたたかな優しい気持ちを伝えることに集中しましょう。
引用元:www.mine-3m.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

誕生日や記念日とはいえ、手紙をもらえるとは彼氏も思ってもいないでしょうから、かなり効果的なサプライズになるはず。この記事を参考に、彼氏を喜ばせ感動させる手紙をぜひ書いてみてください。


引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者