2020年11月30日更新
恋愛 男性心理 恋愛心理

この人とは合わないかも・・・。男性が思う「価値観の違い」を感じる瞬間5つ

恋人と別れた原因で「価値観が合わなかった」と言う人は多いですよね。価値観とは、何に価値があると認めるかということですが、育ってきた環境や経験などで培われ、成長するにつれて変わるのも事実です。そこで今回は男性が思う価値観の違いを感じる瞬間についてまとめました。

336
0
メンタリスト兼恋愛心理カウンセラーの谷内辰徳(やないたつのり)です。芸能人、経営者、占い師、スポーツ選手など1万件以上の相談実績あり。 一般論ではなく「心を読む力」を駆使したアドバイスでお悩み解決のサポートしています。

1.金銭感覚の違い

出典:hanasinoneta.net/culture/99
金銭面で意見が食い違うほど複雑な問題はありません。見ている金額は同じでも、それを高く感じるか安いと感じるかは人によってバラバラです。
引用元:laurier.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
日常生活にはもちろん、学校、就職、結婚、出産といったライブイベントに必ずと言っていいほどついてくるのが金銭面の悩みでもあります。
引用元:laurier.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

2.休日の過ごし方の違い

スポンサーリンク

スポンサーリンク

休日にどう過ごしたいかという価値観が合っているかどうかは重要です。例えばできるだけ外出したいタイプか家でゆっくり過ごしたいか、疲れていても少しでも会いたいと思うか疲れているから会わないと思うか、休日の過ごし方の価値観がずれるとしたら正反対になることが多いもの。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)
それだけに、価値観が違うと関係がぎくしゃくしたり、別れにつながることも珍しくありません。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)

3.時間の捉え方の違い

出典:kodokei.sblo.jp/article/74004147.html
待ち合わせ場所にゆとりを持って行ったり、いつも慌ただしく過ごしたりと時間の使い方も人によって差があります。予定がぎっしり詰まっていないと落ち着かない人や少しでも長くゆったり過ごしたい人では時間の捉え方が異なるでしょう。
引用元:laurier.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
自分がどんな時間の使い方をしているか振り返ってみると、これまで意識していなかった新たな発見があるかもしれませんよ。
引用元:laurier.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

4.仕事に対する向き合い方の違い

スポンサーリンク

スポンサーリンク

働く以上はスキルアップしていきたいと思うか、指示されたことだけやって嫌ならやめればいいと思うかなど、仕事や働き方に対する考え方が大きく違うと、お互いの様子にイライラすることが増えます。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)
特に、結婚を考えているカップルの場合、仕事への価値観が違いすぎると「この人と結婚して大丈夫なの?」と不安になりやすいです。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)

5.異性との付き合いかたの違い

出典:tsubasakaiser.com/interview/3282
恋愛でとくに表面化するのが異性との交流の仕方です。カップル同士でも「どこからが浮気か」「別れを考えるポイント」にはズレがあります。このボーダーラインやポイントが食い違うとぎくしゃくしてしまいますよね。
引用元:laurier.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
トラブルを防ぐために二人きりで話し合う必要があります。連絡の頻度やデートの回数、異性の友達との交流についてルールを設けてみてください。問題に直面したときに二人で決めたルールがあればスムーズに解決できます。
引用元:laurier.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おわりに

価値観の違いとは、同じ環境で育った兄弟姉妹でも起きることですから、他人である恋人との間に起きるのは普通のことです。価値観の違いを乗り越えたいと思っているなら、この記事を参考に、価値観の違いを認め合う方法を知って恋人とさらに理解し合える関係を築いてくださいね。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者