2020年11月22日更新
恋愛 告白 恋愛テクニック

告白の成功率を上げる5つの秘訣

カップルの誕生が決まる「告白」。どのような形で相手に気持ちを伝えるべきか悩んでしまいますよね。ここでは告白の成功率を高める方法を5つ紹介します!

24
0
メンタリスト兼恋愛心理カウンセラーの谷内辰徳(やないたつのり)です。芸能人、経営者、占い師、スポーツ選手など1万件以上の相談実績あり。 一般論ではなく「心を読む力」を駆使したアドバイスでお悩み解決のサポートしています。

1.告白していいタイミングかどうか、関係性をしっかり見極める

まず、好きな相手と自分の関係性はどの程度育っているか、冷静にわかる必要があります。というのは、距離が近づいていないともちろん成功はしづらいですし大切なのは「あなたのことを他と違う存在」という認識を、相手がしているかどうかです。

引用元:miror.jp(引用元へはこちらから)
相手の恋愛モードを知るためにも、自然と近い位置にいる存在であることが大切です。相手の状態を知っておくことができれば、あなたとの会話の中でも恋愛の話がよく出るようになれば「今は恋愛モードかもしれない」と知ることができますよね。
引用元:miror.jp(引用元へはこちらから)

2.手紙で告白してみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

男性なら誰しも、学校帰りの下駄箱の中に、手紙が置いてある、というシチュエーションに憧れたことがあるでしょう。靴を取り出した時、ハラリと落ちる紙。拾い上げてみると、ラブレターだった!なんてシチュエーションは、男性にはたまらないものです。
引用元:koimemo.com(引用元へはこちらから)
接言葉で伝える方法とは、また違ったドキドキ感があるものです。女性からしても、緊張してしまって、うまく言葉を伝えられないことがあるでしょう。ですが、手紙なら素直な言葉を書きやすいので、気持ちをしっかり伝えられるのが嬉しいですね。
引用元:koimemo.com(引用元へはこちらから)

3.電話で話している時にさりげなく告白する

電話で話している時に、さりげなく告白する方法も、相手のドキドキ感を煽ることができ、成功率を上げることができます。ただし、電話で告白する時は、恥ずかしかったとしても、冗談っぽく言ってしまうことがないように注意しましょう。
引用元:couples.jp(引用元へはこちらから)
直接告白する場合は、冗談っぽく言ったとしても、表情を見ることができるため、冗談なのか本気なのか、相手も区別することはできますが、声のトーンだけで判断しなくてはいけない電話では、冗談で言っていると判断される可能性があります。
引用元:couples.jp(引用元へはこちらから)

4.不意打ちで告白する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

例えば、念入りに作戦を練り、サプライズの演出をして・・・なんて告白の仕方は、とてもロマンティックな印象があります。ですが、実際にはそういった計画性の高い告白の仕方よりも、意外と男性ウケがよいのが「不意打ち」という告白の仕方なのです。
引用元:koimemo.com(引用元へはこちらから)
不意に心を射抜かれるからこそ、キュンとしてしまうものなのです。言うほうも、前々から準備万端にしておくと、その間にどんどん緊張が高まってしまい、考えすぎてしまいます。ですが、不意打ちで「今!」という瞬間に、サラリと言ってしまう告白の仕方なら、意外とスムーズに言いたいことが言えてしまったりするものです。
引用元:koimemo.com(引用元へはこちらから)

5.しっかりと相手の目を見て告白する

「目は口ほどに物を言う」と言いますが、最悪、緊張で結局うまく話せなかったとしても目を見つめることで伝わるものがあります。真剣さと伝えたいという思いが分かりやすく感じられるので途中までうつむきがちでも「好き」と言う時はちゃんと相手の目を見て言いましょう。
引用元:miror.jp(引用元へはこちらから)
硬くなりすぎてけわしい顔をしたり見つめすぎたりはだめですよー。ここぞという瞬間に目を見つめるように頑張りましょう。


引用元:miror.jp(引用元へはこちらから)

まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

使える手は、ありとあらゆる方法で使って告白を成功させたいですよね。真剣な思いが伝わっていい方向にいくことを願っています♡
引用元:miror.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者