2020年11月07日更新
恋愛 モテテク 恋愛テクニック

話しやすい女性はモテる!もっと話したくなる女性ってどんな人?

「どんな女性がタイプ?」と聞くと、「話しやすい女性」と答える男性が多く、人気があります。女性としては、「話しやすい女性ってどんなだろう」と腑に落ちないかもしれません。そこで、本記事では、男性目線で話しやすい女性の特徴をご紹介します。話しかけにくい女性像もご紹介するので、自分を見つめてみましょう。

173
0
メンタリスト兼恋愛心理カウンセラーの谷内辰徳(やないたつのり)です。芸能人、経営者、占い師、スポーツ選手など1万件以上の相談実績あり。 一般論ではなく「心を読む力」を駆使したアドバイスでお悩み解決のサポートしています。

1.感情を表現してくれる

出典:voltairetwins.com
オーバーリアクションをいつも求めているわけではないのですが、できれば感情を表現してほしいと男性は女性に対して思っているのです。感情を素直に見せてくれる女性の方が、男性としてはやりとりがしやすいと感じるでしょう。
引用元:workport.co.jp(引用元へはこちらから)
女性がどのように考えているのか分からないと思うと、接しにくいと感じる男性もいるのです。でも感情をある程度表現してくれる女性に対しては、男性は話しやすいと思うもの。今後も女性がどのような反応をしてくれるのかと思うと、ワクワクして話すことができるので嬉しくなってくるでしょう。
引用元:workport.co.jp(引用元へはこちらから)

2.興味を持って聞いてくれる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自分の話を興味津津に聞いてくれると、男性は嬉しくなります。「もっと聞いてもらいたい」「好きなものに興味を持ってくれて嬉しい」などの感情を抱き、話しやすい女性と思います。
引用元:machicon.jp(引用元へはこちらから)
男性が女性の興味に合った話をすべきでもありますが、そっけない返事は、恋する男子のガラスのハートにはダメージ大です。これまで興味のなかったものでも、知らない部分を見つけるきっかけになるので、興味を持って聞いてみましょう。
引用元:machicon.jp(引用元へはこちらから)

3.話を遮らない

男性が話している時に、その話を遮ってしまう女性がいます。その話題なら自分の方が知っていると思うと、つい遮ってしまう気持ちになるのでしょう。もしくは男性の話に対して関連した内容を早く伝えたくなり、遮ってしまうケースもあります。

引用元:workport.co.jp(引用元へはこちらから)
でも男性としては、穏やかな気持ちで自分の話をしたいと考えているので、遮られてしまうと不快に感じる場合が多いでしょう。「少し待ってくれたらいいのに」と男性は思うのです。そして普段からこのような場面が多いと、話しにくい女性だと男性から思われてしまうでしょう。
引用元:workport.co.jp(引用元へはこちらから)

4.女性からも話題を振ってくれる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

男性がリードしたいところですが、女性からも話題を振ってくれると話が弾みやすくなります。気になる女性と話すために、男性は何を話そうか考えますが、ネタ切れに陥ることもあります。
引用元:machicon.jp(引用元へはこちらから)
そんなときに話題に振ってくれると、会話を続けられるとホッとします。話を続けやすいので、気軽に話しかけやすい存在になるでしょう。男性としては、自分と話したいと思ってくれてると感じ、さらに惹かれていくかもしれません。
引用元:machicon.jp(引用元へはこちらから)

5.言葉遣いがキレイ

出典:www.youtube.com/watch?v=uw1UH2QqdLU
女性の言葉遣いによって、話しやすさを感じるかどうかが変わる男性は案外多いです。言葉遣いが綺麗だなと思う女性とは、男性は話しやすいと思うでしょう。そしてもっと話したくなるものです。でも言葉遣いがあまり綺麗ではないと分かると、男性は冷めた目で見てしまう場合があるでしょう。
引用元:workport.co.jp(引用元へはこちらから)
女性らしさを感じさせる、おしとやかな女性とならずっと話していたいと考える男性も。でも言葉遣いが粗くて聞いているのが辛いと思う女性については、できれば長く話したくないと思ってしまうでしょう。
引用元:workport.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

相手の気持ちになって自己中心的ではない話し方ができる女性なら、男性は話していてとても興味深いと感じるはずです。このような女性を目指すには、自分の話ばかりをするのではなく二人でいる時間を大切にすることを心がけるようにしたいですね。
引用元:workport.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者