2021年01月18日更新
恋愛 恋愛テクニック 恋愛心理

「俺のこと好きなのかな・・」男性をドキドキさせる会話5つ

気になる彼に好きになってもらいたい!そんな中、意外と見落としがちなのが喋り方です。「話す」という行為が距離を縮めるのに大切なだけでなく、ちょっと工夫をするだけで彼をドキドキさせたり、心地いいと思わせたりすることができるのです。あなたも喋り方のコツを覚えて、気になる彼をドキドキさせてあげましょう。

107
0
メンタリスト兼恋愛心理カウンセラーの谷内辰徳(やないたつのり)です。芸能人、経営者、占い師、スポーツ選手など1万件以上の相談実績あり。 一般論ではなく「心を読む力」を駆使したアドバイスでお悩み解決のサポートしています。

1.リアクションを大きめにとる

まず、いち早く変化を起こせるのがリアクションです。実は「話を真剣に聞いているのにリアクションが薄い」のと「話を真剣に聞いていないけど、リアクションが大きい」のとでは、後者の方が印象がいいんです。
引用元:machicon.jp(引用元へはこちらから)
薄いリアクションは、相手にとっても自分にとっても「害」でしかない、ということ。言い換えれば、それだけ人は、自分のした話へのリアクションを求めていますし、リアクションをすることで相手の心を満たしてあげることができるんです。
引用元:machicon.jp(引用元へはこちらから)

2.彼の名前をたくさん呼ぶ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

好きな人と会話をしているとき、ふいに名前を呼ばれてドキドキした経験のある方も多いはず。実はこれ、男子も同じです。名前は自分の象徴ですから、会話の中で自分の名前を呼ばれることが多いと、自然に相手を近い存在に感じるようになるのです。
引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)
言うだけでいいのですから、使わない手はありません。ほんのすこし勇気を出して、会話の中で、できるだけたくさん彼の名前を呼んでみましょう。
引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

3.マイナス発言はしない

出典:www.silhouette-illust.com/illust/1647
一般的な男性は、やはり明るくて笑顔の絶えない女性を好みます。会話の中で、マイナス発言ばかりしていては距離を置かれてしまいますよ。
引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)
「私なんてどうせ…」や「もう辛いから逃げたい」など自分を否定ばかりしていると、「僕にこの子を支える自信は持てないや」と捉えられ、気になっていた男性を逃すことに繋がってしまいます。

引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)

4.ワントーン高めの声

スポンサーリンク

スポンサーリンク

女子は男子の少し低めのトーンを、男子は女子の少し高めのトーンを心地いいと感じやすい傾向にあるのです。そのため、彼をドキドキさせたいなら、普段よりワントーン高めの声で話すのが◎。
引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)
声を作って話すと、「キャラ作りでもしているのかな?」と思われてしまいまうので、あくまでもほんの少し高めを意識してみましょう。
引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

5.相手の目を見て話す、聞く

そして最後に、話をする時、話を聞く時は、必ず相手の目を見て会話をすること。これも油断すると「〜しながら」やってしまうことが多々ありますよね。会話の中では、言語以外の、その人の「在り方」「聞く姿勢」も、重要な役割を担います。
引用元:machicon.jp(引用元へはこちらから)
もちろん、四六時中相手の目を見てなくてもいいと思いますが、「この話は大事だぞ!」という時は、目と目がきちんと合う状況で話しはじめられるよう徹底することが大切です。
引用元:machicon.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おわりに

会話は、お互いの中を深めたり、好感度を高めたりするために大きな役割を担っています。会話の内容も大切ですが、喋り方だって同じくらい重要!彼に向かって話す、そっと彼の耳元で話す、電話で彼と話す…シーンに応じて、喋り方のコツを実践してみてください。きっといまよりもずっと、お近づきになれるはずですよ。
引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者