2020年12月29日更新
恋愛 男性心理 男ウケ

男性ウケはやっぱり最悪?男性が感じる重い女の特徴5つとは

好きな人や、仲良くなりたい人ができると、「自分の対応が相手にとって重いのでは……?」と気になってしまいますよね。気持ちが強くなりすぎるあまり、相手に執着しようとしてしまっていないか、この記事でチェックしてみてくださいね。今回は、重いと思われる女性の特徴を5つ解説していきます。

292
0
メンタリスト兼恋愛心理カウンセラーの谷内辰徳(やないたつのり)です。芸能人、経営者、占い師、スポーツ選手など1万件以上の相談実績あり。 一般論ではなく「心を読む力」を駆使したアドバイスでお悩み解決のサポートしています。

1.空いてる日は常に会いたいと言ってくる

プライベートの時間も大切にしたい彼氏は「休みの日は全部彼女に使わなくちゃいけないのか」とあなたのことを負担に思ってしまいます。負担に思われてしまったら、最悪の場合、別れることに繋がるかもしれません。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)
好きだから会いたい、会えない時間は辛い、と思うかもしれませんが「会えない時間が愛を育む」という言葉もあります。土日休みで合わせられるのであれば、土曜日は一緒に過ごして、日曜日はフリーにする、など、お互いの妥協点を探すことが大切です。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)

2.自分の身の上話をする

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自分の境遇を理解してもらおうとすると、つい自分の身の上話などをしてしまいがち。ただ、その話をして「話してくれてありがとう」と喜んでくれるのは、あなたを本当に大事に思ってくれている人か、もしくは心の隙間を狙って騙そうと考えている人くらいです。
引用元:woman.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
むしろ、出会ってばかりの人、さほど仲良くない人からの場合は「話が重い」と苦痛に感じられてしまうことも。自分の身の上話を聞いてほしい時は、自分を本当に大切にしてくれそうな人に声をかける方がいいでしょう。
引用元:woman.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

3.常に連絡をしてくる

朝起きたら「おはよう」、仕事が終わった頃に「お疲れ様」、寝る前に「おやすみ」。良くあるカップルのLINEですよね。しかし、重いと感じられている場合は、このやりとりの数をかなり超えているかも。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)
日常の出来事や上司の愚痴、友だちの話など、彼氏が求めてないような内容のLINEを常にたくさん送ってくるのです。女性からすると、「嬉しいことや楽しいこと、悲しいことも共有したい!」という気持ちからの行動かもしれませんが、未読が溜まっていくのを見て男性はため息をついているかもしれませんよ。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)

4.見返りを求めようとする

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:woman.excite.co.jp/article/love/rid_Cafegoogirl_104644
気になる男性や友人に対しては「こんなに頑張ったのに!どうしてそんな対応をされなければならないの?」と躍起になってしまうこともありますよね。でも、あなたが尽くしたからといって、必ずしもその人からも同じように大事にされるとは限らないのが事実。
引用元:woman.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
自分が大事にしたい人を一方的に決めるのではなく、自分に良くしてくれる人の中から「大事にする人」を決めるのがベストです。
引用元:woman.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

5.浮気していないかチェックしてくる

重たくなってしまう女性は、彼氏や夫のことが大好きだからこそ、浮気をされることが怖いのです。そのため、必死に相手の予定を把握したり、携帯をチェックしたりします。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)
直接会ったときに「そういえばあの日は連絡が取れなかったけどどうしたの?」と聞いてくるくらいであれば許容範囲。しかし、中には相手のSNSをストーキングして、SNSまでチェックされていることに気付いたら、相手はすごく窮屈に感じて、最悪の場合別れることになってしまうかも…。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おわりに

自分は好きだから愛を伝えているのに、相手が面倒に思ってしまったらそれは重い女です。もし相手が受け入れて同じくらいの愛を伝えてくれたら、重い女とは呼ばれなくなるかもしれませんね。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者