2020年11月30日更新
彼氏 メンヘラ 恋愛

あなたの彼は大丈夫?メンヘラ彼氏の5つの特徴

「素敵な男性と思って付き合い始めたけれど、付き合ってみたら残念な男だった…」という経験はありませんか。中には浮気を疑ったり、束縛したりしてくる『メンヘラ彼氏』と呼ばれるような男性もいます。今回紹介するのは、まさに今密かに増えていると言われているメンヘラ彼氏について。あなたの彼は本当に大丈夫ですか?

386
0
メンタリスト兼恋愛心理カウンセラーの谷内辰徳(やないたつのり)です。芸能人、経営者、占い師、スポーツ選手など1万件以上の相談実績あり。 一般論ではなく「心を読む力」を駆使したアドバイスでお悩み解決のサポートしています。

1.連絡がマメすぎる

出典:www.appbank.net/2017/02/26/iphone-news/1313685.php
朝、昼、晩、寝るまでずーっと好きな人と繋がっていたいのがメンヘラ男の特徴。もちろん仕事の連絡がマメなのはいいことですが、空いている時間も常に誰かとつながっていたい構ってちゃん。良く言えば愛情深いのですが、ストレートに言ってしまえば極度の寂しがり屋。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)
自分も同じ熱量であれば、いくら返信が早くても良いのですが、どうしても相手が過度に送ってきてしまうと少し「ん?」と思っちゃいますよ。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)

2.友達が少ない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

友達がいない・少ない男性の場合は、メンヘラである可能性があります。友達が少ないということは、家庭環境や彼の性格など何かしらの事情があると考えられます。その原因の一つとして、彼のメンヘラ的な性格が挙げられるのです
引用元:laurier.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
ただし、友人としてなら普通に付き合えるメンヘラ男性もいますので、友達が多いから安心というわけでもありません。一般的には、孤独なメンヘラ男性に多い傾向があります!
引用元:laurier.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

3.LINEがスクロールするほど長文

LINEがマメなタイプも入れば、LINEの返信がスクロールする程長い男性もいます。女性が敢えて返信を遅らせているのにも関わらず、一文が長文になると女性は返信もしたくなくなります。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)
あまりラリーができないからこそ、長文で気持ちを伝えようと裏返しの感情になってしまっているのです。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)

4.感情の起伏が激しい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:苗字と名前.com/archives/363
突然、怒りだしたり泣き出したり不機嫌になったりするなど、感情の起伏が激しい男性もメンヘラである可能性があります。子どもが親に駄々をこねるように自分の感情を変化させることで、あなたの行動をコントロールしようとしているのかもしれません。
引用元:laurier.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
もしくは理性的でいようと思っても、止めることができずつい感情的になってしまう人もいます。情緒不安定なメンヘラ彼氏に多い傾向だと言えるでしょう!
引用元:laurier.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

5.異常に恋愛で駆け引きする

出典:girlydrop.com/landscape/5409
恋愛において彼らは自分が常に上に立ちたいという願望が強すぎるあまりに、見え見えな駆け引きを繰り広げてしまうのです。今まで頻繁に連絡を取っていたにもかかわらず、急に連絡の頻度を激変させたり、デートを誘っておいて当日はどこかそっけなかったり。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)
他の女性の影をチラつかせて“俺モテるぜ”アピールをしてしまう。駆け引きをしてしまう理由は自分に自信がないから。相手に強く思われて有利な立場に立ちたいという心理の表れ。
引用元:smartlog.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

『メンヘラ彼氏=良くない彼氏』ではなく、メンヘラは個性であり、メンヘラ男性はあなたが想像している男性像とは少し違うかもしれないという点です。そのため、その男性の個性を受け入れられるかどうかが重要になります。もしあなたが「これ以上、彼と付き合うのがツラい…」と感じているなら別れを考えるのも一つの手。あなたには自分の幸せのために『別れる』という手段があることを覚えておきましょうね!
引用元:laurier.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者