2021年02月22日更新
恋愛 恋愛心理 男性心理

それって脈あり?それとも勘違い?男性が出す偽脈ありサインとは?

気になる男性がいるのでしたら、好意があるのか気になりますし、脈ありサインですと女性ならチェックしますよね。実は多くの女性が勘違いしやすい、偽脈ありサインがありますから、脈ありサインを間違えて恥ずかしい思いをする場合もあります。この記事では、男性の偽脈ありサインをまとめてご紹介していきます。

36
0
メンタリスト兼恋愛心理カウンセラーの谷内辰徳(やないたつのり)です。芸能人、経営者、占い師、スポーツ選手など1万件以上の相談実績あり。 一般論ではなく「心を読む力」を駆使したアドバイスでお悩み解決のサポートしています。

1.笑顔で優しくしてくれる

男性によっては女性と向かい合うと緊張してしまい、笑顔で接したり、怒らせてはならないとひたすら優しくしたり。そこに異性としての好意は無関係です。
引用元:lovely-media.jp(引用元へはこちらから)
笑顔を見せてくれるということは、少なくとも大嫌いではないという判定はできますが、脈ありとは断定しがたいポイントでしょう。特に仕事関係の人ならもうちょっと冷静に見極める必要があります。「荷物を持ってくれる」といった優しい行為も、仕事のために気を遣っているだけかもしれません。
引用元:lovely-media.jp(引用元へはこちらから)

2.二人で会うことにこだわる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

二人で会うことにこだわっているように感じると、脈ありのように感じちゃいますよね。しかし二人で会うことにこだわる男性心理の中には、下心が含まれていることも。

引用元:miror.jp(引用元へはこちらから)
つまり二人っきりになることによって、肉体関係まで持っていきたいという願望が含まれている可能性があるわけです。その下心の中には、誠実な気持ちが含まれていないなんてことも少なくありません。そのため二人きりで異性が会いたがったとしても、それを脈ありに結び付けるのはやめた方がいいでしょう。
引用元:miror.jp(引用元へはこちらから)

3.彼氏の有無を聞いてくる

恋バナが好きな男性もいますし、ただの会話の場合もありますから、彼氏がいるかどうか聞かれた際に「気があるのかな?」と勘違いするかもしれません。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
特に好きな男性からいきなり、彼氏の有無を聞いてくると「えっなんで知りたいの?」と動揺するかもしれませんが、これは偽脈ありサインです。女性からしてみれば紛らわしいですし、つい期待してしまい、勘違いするかもしれませんが、脈ありサインではありません。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

4.気づくといつも隣にいる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

例えば飲み会で、自分の近くしかスペースがないわけでもないのに特定の異性がよく近くにいることに気づくと、ちょっと意識してしまいますよね。毎回隣に座られてさりげないボディタッチをされたりすると、「もしかして私のこと好きなのかな?」と思ってしまうものです。
引用元:koimemo.com(引用元へはこちらから)
この場合、男性がそばにいるのはあなたに好意を寄せている可能性もありますが、その場の雰囲気を盛り上げるためにはあなたの近くがやりやすいと思っている可能性もあるので、うっかり落とされないように注意したほうがいいかもしれません。
引用元:koimemo.com(引用元へはこちらから)

5.LINEの返信が早い

出典:www.hazimetetensyoku.com/entry/2016/12/06/post-4169
LINEを送った時に、すぐに既読がついて相手から返信が返ってくると自分の連絡を早く返そうとしてくれている意思を感じて、脈ありだと思ってしまう女性も多いのではないでしょうか。
引用元:miror.jp(引用元へはこちらから)
確かにLINEの返信が早いというのは異性の好意を見極めるポイントの1つになりますが、脈ありだと判断する材料としては少し不足しているかも。中には、誰に対しても返信が早い人というのも居るため。もしかしたらあなたにだけ返信が早いのではなく、誰にでも同じように返信が早いという可能性もあるんです。
引用元:miror.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。「これって脈あり?」と思ったらその行動だけで舞い上がってしまわず、他のサインが出ていないか、脈あり以外の理由はないのか、冷静に判断する必要がありますね。そして勘違いだと気づいても本当にその人のことが気になるなら、好意を持ってもらえるようアプローチを開始しましょう!
引用元:lovely-media.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者