2021年09月27日更新
乾燥肌 スキンケア 肌トラブル

顔が乾燥して皮むけに!肌の乾燥による粉ふき・皮むけの原因と対策

冬になって肌が乾燥して突っ張る、時には皮が剥けたり粉がふいたような状態になることも。 そこで乾燥により肌に皮むけや粉ふきが起こる原因と対策をご紹介します。

158
0

涼しい季節になってから肌が乾燥してきた

乾燥により常に顔が突っ張っている状態が続いていると思ったら皮が剥けてきた、ということはありませんか?
皮むけや粉ふきのような肌トラブルが起こった場合、さまざまな原因が存在します。
また、しっかり対策すれば冬の乾燥時期でも肌トラブルを防ぐことができますのでその対処法をご紹介します。

肌の乾燥による粉ふき・皮むけの原因

空気の乾燥によるもの

冬は空気が乾燥する季節。
秋から冬にかけてはどんどん空気が乾燥していきますので、肌もどんドン乾燥していきます。
空気の乾燥により肌のバリア機能が低下し、肌の乾燥へとつながります。

エアコンも空気が乾燥し、肌の乾燥へとつながります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

洗顔方法が間違っている

温度の高すぎるお湯で洗顔したり、洗顔時にゴシゴシこすると肌のバリア機能が低下してしまい、これが肌を乾燥させてしまいます。

洗浄力が強いクレンジング剤を使う場合は短時間でサッとメイクオフしないと肌の脂分も取り除いてしまい、これも乾燥の原因となりますので注意しましょう。

肌のターンオーバーが乱れている

加齢やストレス、栄養不足、肌の乾燥や間違った洗顔で肌のターンオーバーが乱れると肌のバリア機能が保てなくなるだけでなく、肌のくすみにもつながります。

肌のターンオーバーの乱れにつながる食生活の乱れや睡眠不足にも注意しましょう。

セラミド不足

スポンサーリンク

スポンサーリンク

肌の角層で水分を保つセラミドが失われると肌が乾燥して皮むけの原因となります。
正しい方法で洗顔をすると同時にセラミド配合のスキンケア用品を使って保湿するようにしましょう。

肌の皮むけ対策

洗顔は泡で優しく

肌の乾燥は洗顔で改善することができますので、まずは洗顔から見直していきましょう。

洗顔料を泡立てネットでしっかり泡立てて泡で洗います。
手が顔に当たらないように泡を転がすように洗います。

ぬるま湯を手ですくって丁寧に洗い流します。

洗顔後はタオルで優しく押さえて水分を拭き取ります。

徹底して保湿する

洗顔後はしっかりと保湿をします。
洗顔後すぐに化粧水で保湿し、乳液で整え、クリームで蓋をします。

乾燥が酷い場合はセラミドやヒアルロン酸配合の高保湿のスキンケアを使うと良いでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

肌に合ったスキンケアを使用する

スキンケア用品もいくら高保湿で低刺激のものだからといっても必ずしも肌に合うとは限りません。
肌に合わないスキンケアを無理矢理使い続けるのではなく、自分の肌に合ったものを使うようにしましょう。

対策しても治らない場合は一度受診を

対策しても全く効果が出ない場合は一度皮膚科を受信しましょう。

乾燥による皮むけは保湿対策などを行ってから1~2日で何らかの効果があるのが一般的ですが、何か皮膚にトラブルや疾患がある場合は自宅での対策が逆に症状を悪化させてしまうこともあります。
そのため、効果がないと感じた場合は一度受診をおすすめします。

しっかり保湿して冬も乾燥知らずの肌に

出典:unsplash.com
秋冬の肌の乾燥や皮むけ、粉ふきの原因と対策についてご紹介しました。
これからの乾燥してくる季節は特に正しい洗顔と保湿を心掛けて肌の乾燥とトラブルを防ぐようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者