2021年07月25日更新
リモート 在宅ワーク 疲れ

リモートワーク・在宅ワーク疲れを解消する5つのヒント

長期化するリモートワーク。在宅で仕事をすることに慣れてしまった人もいれば疲れてしまった人も…。 今後も当たり前になるかもしれない在宅ワークでどのように「リモート疲れ」を解消していくのかのヒントをご紹介します。

257
0

リモートワークに疲れてきた

2020年4月に発令された緊急事態宣言以降、在宅で仕事をする人が多くなりました。
その後もリモートワークを継続する企業もあり、在宅で仕事をすることが一般的になりつつあります。

しかし、リモートワークで仕事をする人の中にはリモートワーク疲れが出てきてしまった人もいます。
リモートワークを導入したものの、環境が整備されていなかったり、働く人が自宅で仕事をする環境になかなかなじめなかったりすることが原因です。
リモートワーク疲れに対応しないとストレスが限界まで溜まってしまうこともありますので早めに対応しておきたいところですね。

リモートワーク疲れの3つの主な原因

仕事とプライベートが分けられないストレス

在宅勤務をすることにより、仕事とプライベートがうまく分けられずストレスになってしまうパターンです。
外出自粛中で外に出られないことも1つの原因だったりします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

設備のストレス

ネット環境が整っていなかったり、自宅のパソコンが仕事には使いにくかったり、急なリモートワークに職場が環境を整えられないことも原因です。
いつものように快適に仕事ができないとタスクにも遅れがでてしまいますよね。
それがストレスを増幅されてしまうのです。

精神的なストレス

対面で話をしていないと職場でのコミュニケーションが難しかったりしてスムーズなチームワークが図れないことがあります。
また、仕事でうまくいかないことなど、同僚や先輩に話せていたことができなくなり、ストレスを抱え込みやすくなります。

身体的な疲れによるストレス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オフィスの机や椅子は仕事をするために作られたものですよね。
しかし、自宅の机や椅子はそうはいかないこともあります。
床に座って座卓で仕事をするという人もいるでしょう。
いつもと違う姿勢で仕事をすることになるので、肩こりや腰痛などに悩まされることも。

リモートワーク疲れ解消のヒント

ちゃんと休憩してリフレッシュする

リモートワークではけじめをつけにくくなり、つい休憩を取らなかったり、勤務時間を超えて仕事をしてしまったりします。
人間の集中力には限界がありますので、きちんと休憩をとってリフレッシュしましょう。
お茶を飲んだり、時には散歩に出かけても良いでしょう。

仕事とプライベートの時間を区別する

リモートワークでは真面目な人ほど本来プライベートに使う時間まで延長して仕事をしてしまいがち。
メリハリをつけないと仕事の集中力も落ち、効率も悪くなりますし、プライベートの時間も休めません。

休憩時間を定める、終業時間を過ぎたらパソコンの電源を切るなど、仕事とプライベートをきっちりと区別しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

仕事をする場所と生活する場所を分けるようにする

仕事をする場所に関しても同様です。
生活する場所で仕事をしていると仕事が終わっても休んだ気にならないこともあります。
リビングで仕事をしている人は自室で仕事をするか、リビングの中でもダイニングテーブルではなく、小さなスペースを作り、机を置いて仕事ができるとメリハリができます。

ストレッチと軽い運動をする

在宅勤務は運動不足になりがち。
短時間でできるストレッチや散歩など、軽い運動を心掛けましょう。

趣味と余暇を楽しむ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者