SNS疲れしていない!?SNS疲れの判断基準と負担にならない対処方法

SNSを見てはもやもやするのにSNSを見ずにはいられない…。そんな場合はSNS疲れをしている可能性があります。 そこで、SNS疲れの判断基準と上手にSNS付き合う対処方法をご紹介します。

119
0

SNS疲れしてない?

スマホを使ってコミュニケーションを取ったり、自分の近況を伝えるためにやっているSNS。
でも、いつの間にか投稿へのいいねの数を気にしたり、フォロワー数が気になったり。
他のユーザーの投稿にコメントしなければいけないとプレッシャーに感じたり、みんなの充実した投稿にもやもやしたり…。

やればやるほど疲れていくけど、でも辞めることができない、どうしても見てしまう、そんなことはありませんか。
SNS疲れをしている場合はSNSから一定の距離を保つことが必要ですが、なかなかできない方もいらっしゃいます。

そこで、SNS疲れを感じているかも、と感じた場合の対応方法をご紹介します。

SNS疲れしているかも、と感じたら確認するポイント

SNSの投稿の反応が気になって仕事に集中できなかったり、ついついスマホチェックをしてしまったりと生活に支障が出ている場合は一度SNSとの付き合い方を見直した方がいいかもしれません。

まずは、SNS疲れしていないかチェックしてみましょう。
当てはまる項目が多いほどSNS疲れしている可能性が高いのでその場合はSNSから距離を取ることをおすすめします。

フォロワー数やいいねの数が気になる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

画像にこだわったり話題のスポットの投稿をした後、いいねやコメントが気になりますよね。
思った以上にいいねが少なかった場合はがっかりしてしまうこともあるでしょう。

それで投稿した後はずっとスマホを監視し続けてしまったり、いいねやコメントで感情が振り回されてしまう場合はSNSとの付き合い方を見直した方がよさそうです。

すぐにSNSを確認してしまう、携帯を見れない時にSNSが気になって仕方がない

フォローしている友達にコメントしなくては、自分の投稿のコメント返しをしなくては、と1日に何度もSNSをチェックしていませんか?

それで仕事に集中できなくなるのであれば生活に支障が出るので気を付けた方が良いでしょう。

SNS映えするための生活になっている

出掛ける場所も、食べる食べ物も、購入するものも全て映えるもの。
好きでやっている範囲なら良いのですが、映えのために高額商品を無理して購入するようになっていたら、少しSNSから離れた方が良いかもしれません。

本当に好きなものを予算に応じて買っている分には良くても、見栄のために買っても虚しくなるだけです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

SNSを見た後にもやもやすることが多い

他の人の投稿を見た後、なんかもやもやする、みんなは充実しているのに自分だけ上手く行っていない気がする。
そんなことってありますよね。

ユーザー1人1人はたまに投稿した幸せ投稿かもしれませんが、これが何十人何百人ともなると大量の幸せ投稿になってしまいます。
SNSでわざわざネガティブな投稿をする人の方が少ないですから、幸せな投稿だけを乗せていればそう見えてしまいます。
しかし、本人の実際の生活は分かりませんし、あくまでも気軽に見た方が無難です。

どうしてももやもやするのであれば、一旦SNSはお休みした方がよさそうです。

SNS疲れの対処方法

SNSをお休みする

1~2週間、または1ヶ月間、SNSを思い切ってお休みしてしまいましょう。
止めると決めてもどうしても気になってしまう方は一度スマホからアプリを削除してしまった方が良いです。

自分が見ていない間、何かあったらどうしよう、と思うかもしれませんが、大丈夫。大したことは起こりません。

一度やめて見たらわかる爽快さの方が勝つのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

SNSを見る時間などのルールを決める

SNSを見るのは朝と夕方の2回のみ、など時間を決めてSNSを使うのも1つの手です。
それ以外の時間はSNSはやらない。
そう決めておけば1日中SNSが気になって仕方がない、ということもなくなるはず。

スマホ依存対策アプリを活用する

スマホ依存対策アプリというものがありますのでこれを活用してみても良いでしょう。
設定した時間はロックがかかって全てのアプリが使えなくなったり、スマホを触らないでいると木が育ったたりします。
「スマホ中毒」「スマホ依存」などで検索すると探せますよ。

程よく付き合ってSNS疲れしないようにしよう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者