2021年09月19日更新
ホワイトニング ステイン

白い歯で見た目も若返る!自宅でできる歯を白くする方法

ちゃんと葉を磨いているのにいつの間にか葉が黄ばんでいる、コーヒーやお茶の茶渋で染まってしまった、そんな場合はホワイトニングが効果的です。 しかし、なるべく自分でできる方法で歯を白くしたい、という方もいらっしゃると思います。そこで、自宅でできる歯を白くする方法をご紹介します。

130
0

白い歯は見た目も若返る

歯の黄ばみは人の顔を3歳ほど老けて見せてしまうそうです。
全く同じ顔でも歯に着色汚れがあるだけで老けて見えてしまうのです。

歯を白くするには歯科医院でのホワイトニングが一般的ですが、ホームケアで歯を白くする方法もあります。

歯を白くしたいけど、ホワイトニングをしに行くのはちょっと、という方は是非試してみてください。

自宅でできる歯を白くする方法

ホワイトニング用の歯磨き粉を使う

市販の歯磨き粉にはホワイトニング用の歯磨き粉があります。
普通の歯磨き粉よりも少し価格が棚井のが一般的ですが、いつもの歯磨きをするだけで葉を白くすることができ、手軽なのが魅力です。
ホワイトニング未経験で、試しに白くしてみたいな、という方におすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

歯の消しゴムを使ってみる

出典:tomods-ap.com/shop/g/g4949176151566
歯についた汚れを落とす歯の消しゴムというものがあります。
これを使うと歯に付いた着色汚れを落とすことができます。
気になる場所に重点的に使えるのが歯の消しゴムのメリットです。

ただ、検波剤が入っているのでやりすぎたり強くこすると歯にキズが付きますので要注意です。

ステイン除去機能の付いた電動歯ブラシを使う

最近の電動馬ブラシにはステイン除去機能が付いている物があります。
機能が付いているモデルを選べば歯の着色汚れを落とす助けになります。

電動歯ブラシの購入を検討していて、歯の着色汚れが気になっている方にはおすすめです。

重曹

スポンサーリンク

スポンサーリンク

重曹はホワイトニング効果があるそうです。
また、初期の虫歯にも効果があると言われています。

メリットは安価なところ。気軽に実践できるというメリットがあります。
重曹を使った歯磨きの方法は
①水で濡らした歯ブラシに重曹をつける
②重曹がは全体に行き渡るように歯ブラシで歯の上に広げる
③ブラッシング
④しっかりうがいして完了です。

ホームホワイトニングをする

ホームホワイトニングはマウスピースに薬剤を塗り、装着して歯を白くする方法です。
ホームホワイトニングの場合、一度歯医者さんを受診して自分専用のマウスピースを作ってもらう必要があります。

おうちでホワイトニングができるというメリットがあります。

天然塩

スポンサーリンク

スポンサーリンク

天然塩は磨き残しの汚れを落とし、歯の炎症を抑える効果を期待でき、口臭予防もできると言われています。
塩を使う場合は粗塩は避け、できるだけ粒の細かい塩がおすすめです。
また、既に歯茎から血が出ていたり炎症をおこしている場合は使用を控えましょう。

塩に含まれるミネラルが茶渋などの黄ばみ汚れを除去し、歯茎を引き締める効果があります。

やりすぎには注意

いくら歯を白くしたいからといってやり過ぎると歯の表面にあるエナメル質までキズがついてしまい、余計に汚れが付きやすくなりますので注意してください。

エナメル質が削れると知覚過敏の原因にもなりますので注意が必要です。

ホームケアで歯を白く保とう

自宅で歯を白くする方法をご紹介しました。
ホームケアでは簡単に歯を白くする方法があり、日常的にできるものから本格的なものまでさまざまなものがあります。
自分に合った方法で無理なく歯を白く保ちましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者