2021年07月20日更新
文具女子 ペン 万年筆

【文具女子】大人女子が初めて買う万年筆はこれがおすすめ!万年筆の選び方のポイント

何年も万年筆を持ちたいと思っていてもどれを買ったらいいのか、種類に違いはあるのか分からず購入できていない方は意外と多いものです。 そこで、大人の女性が初めて持つのにおすすめの万年筆をご紹介します。

113
0

万年筆の基礎知識

万年筆は主に金属のペン先を持ったインクを補充して使うタイプのペンです。
ボールペンでは味わうことができないインクの濃淡や好みの色のインクを入れて独特の書き味を楽しむことができます。

ペン先は使い込むほとになじんでいき、使うほどに持ち主の使いやすいようになっていきます。
こまめなお手入れが必要ですが、きちんとしたものであればずっと使うことができ、一生モノの筆記具です。

万年筆の選び方のポイント

書き心地

スポンサーリンク

スポンサーリンク

万年筆は筆記用具ですから、書き心地は非常に重要なポイントです。
ペン先は商品によってステンレスや金でできていて、メーカーや素材によって書き心地、書き味が変わります。


書き心地はショップで試し書きをすることができます。
気になる万年筆をいくつか出してもらって書き味をチェックしましょう。

文字の太さ

文字の太さも重要です。
ずっと使うものですから、書きやすく使いやすい文字の太さを選びましょう。

文字の太さはアルファベットで表します。

EF:極細字
F:細字
M:中字
B:太字
BB:極太字
万年筆らしい書き味になるのは太字です。
インクの濃淡が出やすく、文字に味が出ます。

一方、漢字を書きやすいのは細字です。
日記帳や手帳など細かい文字を書きたいときは細字または極細字がおすすめです。

インクの補填方式

スポンサーリンク

スポンサーリンク

インクの補填方式には
①カートリッジ式
②吸引式
③コンバーター式
の3種類があります。

①カートリッジ式
初心者はカートリッジ式がおすすめです。
カートリッジを替えるだけでインクの補充は完了です。
カートリッジ式は持ち歩きにも便利で出先でもインクを簡単に補充できるというメリットがあります。

②吸引式
吸引式は高級万年筆に使われていることが多いタイプです。
ボトルインクを直接万年筆の内部に吸い上げて使います。
メリットは各メーカーのボトルインクを使うことができますので、カラーバリエーションを楽しんだり、違うメーカーのインクに変えたりすることができる点、一度に多くのインクを補填できるため、コスパが高い点です。

③コンバーター式
コンバーター式は取り外しできる吸入器が付いているタイプです。
メリットはボトルインクを吸い上げるのでどこのメーカーのインクでも使える点、デメリットはコンバーターが別売りの事が多いという点です。

軸の太さと本体のデザイン

軸の太さとデザインも重要な要素です。
軸の太さが自分に合っていいないと疲れてしまいますし、やはりデザインが気に入ってこその万年筆です。
じっくりと選んで好みの1本を見つけてください。

女性におすすめの人気万年筆

セーラー ファシーネ

出典:www.amazon.co.jp
ブランド:セーラー万年筆
製品型番 :11-0725-210
5,500円

パールホワイトとピンクゴールドの軸が女性に人気の万年筆です。
セーラーは日本を代表する筆記具ブランドですので、国産ブランドにこだわっている方にもおすすめ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

クロス センチメント

出典:www.amazon.co.jp
ブランド:クロス(Cross)
製品型番:‎AT0416-2MS
9,450円

ハートのキー型チャームが付いている、クロスのレディースモデルです。

モンブラン マイスターシュテュック

出典:www.amazon.co.jp
ブランド:モンブラン

高級筆記具ブランドモンブランの万年筆です。
マイスターシュテュックは1924年誕生のモンブランの定番モデル。
さまざまな商品が発表されており、価格は8万円程度から20万円を超えるものまであります。
一生ものの万年筆を手に入れたい方におすすめです。

パーカー デュオフォールド

出典:www.amazon.co.jp
ブランド:‎PARKER

パーカーの中で人気の高いモデルです。
こちらもモンブランと同じくシリーズ内で価格に開きがあります。
5~10万円程度と価格は高額ですが、一生モノとして使える万年筆です。

パイロット 万年筆 レディホワイト

出典:www.amazon.co.jp
ブランド:‎PILOT
製品型番:FD-18SR-SKU-M
19,800円

本体に漆配合塗装をした和風の女性向けの万年筆。
柄は桜と紅葉があり、はんなりとした女性らしさを演出しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者