2022年11月19日更新
休日 休養 疲労回復

社会人の休養の仕方のコツ!疲労回復におすすめの休日の過ごし方とは

社会人になると休日は貴重な休養の時間。効率よく疲労回復して休日明けから仕事に集中したいですよね。 しかし、なかなか疲れが取れないとお悩みの方も少なくないのではないでしょうか。 ここでは、社会人におすすめの休日の過ごし方をご紹介します。

149
0

休日に疲れが取れないと感じている方は多い

日頃忙しい人にとって休日は貴重な休養日。
しかし、休日が終わってもあまり疲れが取れなかった、リフレッシュできなかったと感じる方は多くいます。

せっかくの休日は思いっきりレジャーで楽しみたいという思いもあるでしょう。
しかし、レジャーで疲れてしまったり、寝不足になってしまったりと、かえって疲労が溜まってしまうことも。

そのようなことを繰り返していることで「休日は余計に疲れる」と感じてしまう方も多くいます。

疲労回復には「パッシブレスト」と「アクティブレスト」がある

休日に身体を休めることも大切ですが、ただ寝ているだけだとあまり疲労回復にはつながりません。

疲労を効率よく回復させるためには「パッシブレスト」と「アクティブレスト」の2つをうまく使い分ける必要があります。

身体を安静にして過ごすパッシブレスト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

パッシブレストは身体を安静にして、ゆっくりと休ませる疲労回復方法です。
十分に睡眠をとったり、リラックスすることで心身ともに疲労回復することができます。

ひどく身体が付かれている、不調がある場合にはまずはパッシブレストで身体を安静にすることが大切です。

しっかりと睡眠をとったり、自宅でゆったりと過ごしてまずは心身を休ませることが大切です。

軽く身体を動かすことで疲労の排出を促すアクティブレスト

あえて身体を動かして疲労物質の排出を促すのがアクティブレストです。

軽い運動や買い物などで身体を動かすことで、血流が促され、疲労物質が排出されやすくなります。
身体を動かすことでストレス解消にもなり、精神面でもリフレッシュ効果が期待できます。

社会人におすすめの休日の過ごし方

朝はいつもと同じ時間に起床する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

休日はつい朝寝坊しがちですが、なるべく仕事の日と同じ時間に起床するようにしましょう。
毎日同じ時間に起きることで体内時計が狂いにくく、一定の生活リズムを保つことができます。

いつもと同じ時間に起きて朝日を浴び、朝食をしっかりと摂ることが大切です。

とはいえ、疲労度が高い場合はゆったりめに起きても問題ありません。

ちょっと遠くのスーパーで買い物をする

休日はいつもよりもちょっと遠くのスーパーで買い物したり、ショッピングモールなどに出向いてみましょう。

夕方には購入した食材を使って料理をするのもおすすめ。
日中は軽く身体を動かし、夜はリラックスする過ごし方です。

散歩がてらカフェに行く

散歩がてら歩いてカフェに行くのもおすすめです。

お気に入りのカフェに行くのも良し、新しいカフェを見つけて歩いてみるのも良し、おしゃれな空間でリフレッシュすることで心の疲れも解消できる可能性があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

部屋の大掃除・模様替えをする

自宅で過ごしたい場合は、いつもよりちょっとお掃除を頑張ってみる、模様替えをしてみると身体も動かせてお部屋もきれいになって一石二鳥。

スパ・銭湯・サウナに行く

スパやスーパー銭湯、サウナなどでリフレッシュするのもおすすめ。
ゆっくりお風呂に浸かったり、サウナで汗を流して休憩所などでゆったり過ごすなど楽しみ方はさまざまです。

いつもより大きなお風呂で気分転換するのも良いでしょう。

ジムで軽い有酸素運動をする

ジムで軽く有酸素運動をするのもおすすめです。
軽くバイクやランニングに取り組んだり、泳いだりして凝り固まった筋肉をほぐしてあげましょう。
スタジオメニューで音楽に合わせて身体を動かすのも良いでしょう。

ただし、やりすぎは禁物。
物足りないくらいでやめるのがコツです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者