2021年07月21日更新
香水 香り フレグランス

知ってる!?香水の香りの種類|香り美人になれる選び方とは

お気に入りの香水が見つかればおしゃれ度をアップさせてくれるだけでなく、人に与える印象も変わってきます。 でも香水は種類が多すぎて分からない、と言う方も多いのではないでしょうか。 そこで、香水の香りの種類をご紹介します。

122
0

香水にはさまざまな「香調」がある

香水はさまざまな天然香料や合成香料を組み合わせて香りを創り出しています。
香りを系統ごとに分類したのが「香調」です。
好みの香りを見つけるには欲しい香調から絞り込むと好きな香りに出会いやすくなります。

香水の香りの種類

フローラル系

その名の通り花の香りです。
香水に使われている花は多数に上り、4大フローラルと呼ばれるローズ、ミュゲ(すずらん)、ジャスミン、ライラックをはじめとして、
ヒヤシンス、ユリ、イランイラン、フリージアなど、多彩な香りがあります。
出典:www.amazon.co.jp
ローズの香りで有名な人気香水、ローズ・ド・クロエ・オードトワレ。
ロマンティックな香りで日本人女性にも大人気の香水です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フルーティー系

甘くフレッシュな果実の香り。
親しみやすく万人受けする香りが多いのが特徴です。

ベリーや洋ナシ、パッションフルーツ、カシス、ピーチなど、若々しい印象で夏向きの香水が多いのも特徴です。
出典:www.amazon.co.jp
パイナップルとパッションフルーツの香りを主体とした万人受けする香りです。
夏向きの元気になれる香りです。

シトラス系

オレンジやレモン、グレープフルーツの香りはさわやかで嫌味のない香り。
人はシトラスの香りを嗅ぐと好印象を持つと言われるほど、嫌いな人がほぼいない香りです。

特にアジア人はシトラス系の香りが好きで万人受けし、使う場所も選ばない使いやすい香りです。
出典:www.amazon.co.jp
ロクシタンのヴァーベナ・オードトワレはオーガニックなシトラスの香りを存分に楽しめる人気フレグランスです。
レモンのさわやかさとオレンジの甘みが相まってまさに「シトラス」という香り。
ユニセックスで楽しめる印象の良い1本です。

ウッド系

ウッド系は文字通り木の香り。
重厚感や落ち着いたさわやかさを感じ、メンズ向けやユニセックスの香水によく用いられます。
さわやかさを持つシダーや重厚なオリエンタルの香りのサンダルウッド、甘さがあるローズウッドなど、多彩な香りがあります。
大人の色気を感じさせる香水が多数登場しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.amazon.co.jp
エルメスのナイルの庭は男女問わず人気の高いロングセラー香水です。
グレープフルーツのシトラスな香りから始まり、ウッド系へと変化していきます。
ライトな香り立ちが人気です。

ハーバル系

ハーバル系はハーブを感じる香り。
オーガニック原料にこだわっている香水が多く、注目を集めています。
出典:www.amazon.co.jp
ゲランのアクア・アレゴリア・ハーバ・フレスカは軽やかに香るユニセックスでも使える香水です。
ルームフレグランスとして使いやすいように計算された親しみやすく優美な香りが特徴です。

オリエンタル系

オリエンタル系の香りはバニラ、アンバー、ムスクなど、東南アジアや中東を感じさせるエキゾチックな香りが特徴です。
ちょっと癖になる香りが魅力です。
出典:www.amazon.co.jp
シャネルが発表しているオリエンタル系の香りは「アリュール・オードトワレ」。
上品な大人の香りを纏いたい方におすすめ。
その日の気候や付ける人の体温によって香りが変化する香水です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

グルマン系

グルマンとはフランス語で「食いしん坊」。
香水ではバニラ、シュガー、キャラメルなどをメインとした甘いお菓子のような香りです。

スイートで可愛らしい甘い香りから妖艶でセクシーな香りまで幅広くあるのも特徴です。
出典:www.amazon.co.jp
グルマン系の香りのおすすめ香水はジルスチュアートのヴァニラ・ラスト・オード・パルファンです。
プラリネ、ココナッツ、キャラメル、バニラとお菓子の香りが満載の香水です。
時間が経つとジャスミン、ピーチ、ラズベリーフリージアなどフローラルとフルーティーな香りが出てきてセクシーな香りへと変化します。

グリーン系

グリーン系は植物の葉っぱや茎を折ったときに感じる青々とした香り。
ユニセックスな香りのフレグランスが多く登場しています。
シャネルの19番はフローラル・フレッシュを基調としながら、奥にグリーン系のニュアンスを持っています。

マリン系

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者