停滞している時こそリフレッシュ♪前向きになれるプチリフレッシュの方法

メンタルが停滞していてどうもすっきりしない、もやもやしている、そんなときな少しでも明るく気分転換してメンタルケアをしておくことが大切です。 そこで、停滞したときのプチリフレッシュの方法をご紹介します。

179
0

もやもや停滞していませんか

リフレッシュは「自分を癒す」がポイント

何かトラブルが起こったりしてストレスが一気に溜まることもあれば、知らず知らずのうちに少しずつストレスが蓄積していくこともあります。
また、嫌なことがあった時、すぐに切替えできずに引きずってしまうこともあります。
ストレスを溜めないためにも、もやもやしたら自分で意識してリフレッシュすることが大切です。
リフレッシュには色々な方法があり、さまざまな方法を試してみるのがおすすめです。
いつものリフレッシュ方法を使うのもいいのですが、体験したことがないことをやってみることで気分転換できたりします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

外で出来るリフレッシュ方法

軽い運動で汗を流す

特に朝起きられない方や睡眠不足の方、どうも身体が重いという方は運動して汗を流すのがおすすめです。
ウォーキングなどの有酸素運動は脳が活性化しますので、時間を作って散歩をしてみると良いでしょう。
20~30分の有酸素運動はセロトニンというリラックス効果のある成分やドーパミンという幸せ物質が脳内から分泌されます。
これらの成分はストレスから脳を守る働きがありますので、無理のない範囲内で歩いてみることをおすすめします。

自然を感じる場所で自然の空気に触れる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日々の生活に疲れてしまっている方は山や海、公園などに出掛けて自然の空気に触れると癒されます。
特に森林浴がおすすめで、樹木が放出するフィトンチッドという物質が精神の安定や睡眠促進、リラックス効果があると言われています。

マッサージやヘッドスパに行く

凝り固まった身体を癒すためにはマッサージがおすすめ。
全身を揉みほぐしてもらい、緊張を緩和します。
ヘッドスパもリンパの流れを良くし、眼精疲労などが緩和され、高いリラックス効果が期待できます。

家で出来るリフレッシュ方法

ハーブティーを飲んでみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

気分が落ち込んだ時や生理前のイライラにはハーブティーがおすすめ。
最近ではスーパーでもティーパックでハーブティーが売られていますので試してみると良いでしょう。

カモミールティーやラベンダーはリラックス効果があるので疲れた時におすすめです。
やる気を出したいときはローズマリーがおすすめ。

色々試してみて自分に合ったハーブを選ぶと良いですよ。

深呼吸する・瞑想する

ストレスが溜まっている時は人は緊張状態にあり、息を吐くことよりも吸うことの方が多くなってしまっているのだそう。
吸った息を吐き切らないうちに息をまた吸ってしまうので脳へ新しい酸素が行き届かなくなってしいます。

これは無意識に行ってしまっているので、意識的に深い呼吸を意識します。

疲れた時には特に積極的に深呼吸をし、できれば1日5分は瞑想タイムにすると良いでしょう。

ストレスの芽は早めに自分自身で摘もう

もやもや停滞しているときのプチリフレッシュの方法をご紹介しました。
ストレスは自分で解消するしかありません。
できれば早いうちに対処した方がいいので、ちょっと疲れたな、と思ったらご紹介した方法を是非実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者