2022年11月14日更新
手帳 カレンダー ノート

来年が楽しみになる!ワタシをアップデートする手帳の選び方

来年の手帳はもう準備していますか? 早い方だとすでに手帳を購入して差し替えています。毎年同じ手帳に決まっているという方も。 この記事では、来年の活動やより有意義になる手帳の選び方をご紹介します。

150
0

持ち方で選ぶ

手帳売り場に行くとさまざまなサイズの手帳が売っていますよね。
持ち運んで出先で予定を確認するならコンパクトなものを、机の上でじっくりと書き込みたい場合は大きめのサイズを、という風に持ち方に合わせて手帳のサイズを決めると良いでしょう。

バッグに入れて持ち運びたい方はコンパクトサイズがおすすめ

手帳をバッグに入れて予定を管理したいという方はコンパクトサイズがおすすめです。
バッグの大きさに合わせてスリムタイプを選ぶなどすると、ライフスタイルに合った手帳選びができます。

すぐにサッと取り出して予定を把握したい場合はポケットサイズの手帳もありますので活用してみるといいかも。

しっかりと書き込みたい方はデスクトップサイズがおすすめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あまり持ち運ばず、机の上でじっくりと書き込みたい場合はA5サイズ以上の手帳が良いでしょう。
日記と併用する方などはA4サイズの手帳もあり、1冊の手帳で書き込むスペースを確保することができます。

予定の書きこみ方で選ぶ

人によって手帳の使い方はさまざま。
予定の書きこみ方も違います。

手帳は同じサイズでも中の欄はさまざまなタイプに分かれており、自分に合ったタイプを選ぶことで手帳がグンと使いやすくなります。

予定を全体で把握したい場合は月間ブロック式

カレンダーで1ヶ月の予定を全体から把握したい場合は月間ブロック式がおすすめです。
1ヶ月の予定をすべて見ることができ、スピーディーに予定を把握できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

予定を時間で管理したい方はバーティカル式

1日の予定を細かく書き込みたい方はバーティカル式がおすすめです。
時間が印刷されている縦長の欄なので、予定が一目瞭然となります。
移動が多い方、営業などでいろいろな人と会う方には使いやすいタイプです。

ノートやメモを取りたい方はレフト式

バーティカル式ほど細かい予定は書きこまないけど、メモのスペースが欲しいという方はレフト式がおすすめです。
レフト式は見開き1ページの左側が1週間のカレンダー、右側がノートになっているタイプで、右側の欄は好きなように使うことが可能です。

思いついたこと、ちょっとしたメモ、予定に関する詳しいことなどを書き込むのに便利です。

色は好きなカラーをチョイス!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:images.unsplash.com
手帳選びは中身も大切ですが外側のデザインも重要。
持っていてテンションが上がるもの、元気をもらえるものが良いですよね。

好きな色やテーマカラーの手帳を選ぶのがベストですが、ここでは参考までに色の持つ効果をご紹介します。

新しい自分に生まれ変わりたいなら白

白には「リセット」や「リスタート」という意味合いがあります。
仕事で新たに頑張りたい、新生活を始めたいという方には白がおすすめです。

仕事をもっと充実させたいならブルー、ネイビー

出典:images.unsplash.com
青は「冷静」「信頼」「知性」というイメージがあります。
気持ちを落ち着かせたり、集中力を高めたりする効果があります。

資格試験を控えている方や、仕事に集中したい方におすすめです。

幸せな毎日を送りたいならピンク

出典:images.unsplash.com
ピンクはやさしさや幸福感を表す色。
心や体を穏やかにしたり若返らせたりする心理効果があります。

安らぎに満ちた日々を過ごしたい方、幸せな毎日を送りたい方におすすめです。

行動力をアップさせたいならレッド

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者